関連するものもこだわりたい渋い正解 ペリカンM800茶縞限定発売

関連するものもこだわりたい渋い正解 ペリカンM800茶縞限定発売
関連するものもこだわりたい渋い正解 ペリカンM800茶縞限定発売

ペリカンの存在はいつも応援したくなるような同性の友達のように感じられます。
ものすごくキレがあって、洗練されているカッコいい存在ではないけれど、一生懸命生きているのはよく分かるので、なるべく付き合っていきたいと思わせる。
そして私たちが万年筆のいつも期待しているクラシックさ、渋さをいつも忘れずにいるところが、ペリカンから目が離せない理由なのでしょう。

ペリカンが満を持してM800茶縞を限定発売しました。
以前500や400の定番品として存在していて、その後M400として限定復刻されたりしていました。
茶縞がペリカンの理想の縞模様だと言われることがあって、その理由は抑制の効いた渋さのようなものだと考えると、茶縞にペリカンらしさを見る人も多いかもしれません。
M800は、もう何度も書いてきたし、多くの人が言っていることだけど、最も理想的なプロポーションを持った万年筆で、太くもなく細くもない、重くもなく軽くもない。
ある程度万年筆を使ってきて、M800を愛用している人ならその良さはよくご存知だと思います。

当店は初めて万年筆を使おうと思う人もよく来店されます。

予算などが許せば必ずお勧めするのがペリカンM800で、他のペンと書き比べてもその違いは、初めて万年筆を書いた人でもよく分かるようで、M800に決着することが非常に多いし、正しい選択だと思います。
万年筆で文字を書いていきたいと思った時に、最も理想的なバランスを持った万年筆だと言われているM800から使い始めてみるのがいいと、自分自身の経験からも思います。
ペリカンは縞模様を中心としてカラーバリエーションが豊富で、色の好み、中に入れるインクの色でボディカラーを選択するのだと思うけれど、この茶縞に合う当店で用意できるものを考えてみました。
M800茶縞に入れるインクとして、茶色を選択してももちろんいいけれど、ボディ同様に少し枯れた感じの出るものとして、当店オリジナルインクCigarをおすすめしたいと思います。

Cigarはタバコに葉の色をイメージしたもので、書いたばかりの時は緑色で、乾くと枯れていくように茶色になります。
しぶい茶縞のイメージに合うのではないかと思っています。
M800は胸ポケットに差して携帯するのではなく、ペンケースに入れて持ち運び、机に向かって使うタイプの万年筆なので、机の上で使うものとの組み合わせを考えたい。
工房楔のペントレイなどの机上用品も合うと思いますし、カンダミサコのデスクマットもM800を机上で使うのに、役に立ってくれるのではないかと思いました。

当店だけでなく万年筆の業界を元気にしてくれそうなペリカンの限定万年筆M800茶縞が発売になりました。

⇒限定生産品M800茶縞