東京出張のために作ったペンケース2品

東京出張のために作ったペンケース2品
東京出張のために作ったペンケース2品

カンダミサコさんが当店の出張販売を応援してくれています。
8月30日(木)から9月1日(土)の代官山での出張販売と、9月29日(土)・30日(日)の東京インターナショナルペンショウのために2種類のペンケースを作ってくれました。
東京の出張販売のために作ってくれたもので、イベント後にはホームページでも販売いたします。
色数の多いシュランケンカーフを使った定番のペンシースに対して、今回作ってくれたのは張りのある光沢の美しい革、クリスペルカーフのペンシースです。
長さは定番のペンシースと同じですが、口径を大きくして、太いオーバーサイズの万年筆も収納できるサイズにしています。
革を円筒形に丸めて縫うペンシースの構造により、クリスペルカーフの張りがとても美しく表現されていて、この革がいかに上質なものかよく分かります。
定番のペンシースとはまた違ってどこかフォーマルな印象があるので、スーツなどパリッとした服装にも合うと思います。

もうひとつはリザードの1本差しペンケースです。
ペンケースは大柄で大層なものが多いので、できるだけスリムでシンプルに収めるペンケースがあってもいいのではないかと思っていました。
先月カンダミサコさんが、新しい試みとしてリザード革のシステム手帳を作りました。
シンプルなカンダさんのデザインに、アクの強いリザード革はスパイスが利いたようですごくカッコ良かった。
今回のペンケースもとてもシンプルな構造のスッキリとした姿なので、リザード革がぴったりで面白いものができたと思っています。

身近な人やスタッフは、私が大喜びで出張販売に臨んでいると思っているかもしれない。
それもなくはないけれど、出張販売前はいつも重いプレッシャーを感じています。
出張販売は当店が続いて行くための方策で、それがたまたま自分が楽しみながらできて、以前からやってみたいと思っていたことだった。
出張販売で忙しく体力的にも厳しい思いをしてもすぐ忘れるところがあるので、自分は今の仕事に向いているとも思います。
でもきっとそれ以上に、楽しい思い出が残っているのだと思います。

今回の東京出張販売、東京インターナショナルペンショウともに多くの人に出会えるのを楽しみにしています。

*本日31日は18時以降、明日1日も14時~16時、17時以降はまだご予約いただけます。調整やご購入の相談など、ぜひお申し付け下さい。(電話:078-360-1933)

関連記事

*前の記事「エバーシャープアワー開催・9月20日(木)16時~18時」