札幌での出張販売を終えて、そして福岡へ ~出張販売への想い~

札幌での出張販売を終えて、そして福岡へ ~出張販売への想い~
札幌での出張販売を終えて、そして福岡へ ~出張販売への想い~

*第1回目の札幌のイベントを記念する形あるものが何もないと寂しく思っていたら、イベント会場に提供して下さったギャルリー ノワール/ブランのオーナー、北晋商事の金さんがギャルリー ノワール/ブランマグカップをくれた。記念のモノができて嬉しかった。

すごく贅沢で恵まれたことだと思いますが、私は自分がやりたいと思う方法でしか仕事をしていません。それは当店や私たちのことを想ってアドバイスしてくれたことでも同様です。
積極的な分かりやすい宣伝もしていないし、取引先の人が売れていると教えてくれても、自分が気に入らなければ、他店で売れているのであれば当店が売らなくても他店で売ればいいと考える天邪鬼振りで、私のことを歯がゆく思っている人もいると思います。

そんな商売のやり方なので、当店はいまだに10年前と同じ場所で、同じようなやり方をしているのだと自分で分かっています。
きっと人数は多くないと思いますが、そんな当店のやり方に賛同して下さったり、応援してあげたいと思って下さっている方々が当店を支えて下さっていて、本当に有難いと思っているし、そんなお客様方を尊敬しています。

自分が好む仕事の仕方しかしないけれど、店を潰すわけにはいかない。
それにどうせ仕事をするなら昨年よりも良い結果が残せるように考えた方が楽しいに決まっているので、顧客を増やしたいと思っても姿勢は変えたくない。
当店の姿勢を理解して下さる方は、その方のもともとの考え方によるところが大きく、少数派なのではと最近思うようになりました。
そう考えた時に、自分が他所に出て行って、当店のやり方に賛同して下さる方、あるいは近い考えの方を見つけたいと思いました。

以前から色々な町に行って、出張販売のようなことをしたいと思っていました。
自分のやりたいことと、店の成長のために必要だと思えることが合致しましたので、出張販売をすることにしました。
なるべく色々な場所でできればいいけれど、まずは札幌と福岡からスタートしました。
北海道も九州もそれぞれの地域の中で生活が成り立つ、ひとつの国のように感じていて、それぞれの国の首都のようなところに行きたいと思いました。
北海道にも九州にも、当店のWEBショップを利用して下さっているお客様が多くおられますので、お名前など文字の情報しか分からないお客様ともお会いして親交を深めたい。
仕事なので採算をとらなくてはならないと、札幌には少し気負って出掛けて行きましたが、それぞれの土地に出て行って一言でも直接お客様と会話をすることが一番の目的ではないかと今は思っています。

札幌での出張販売でそのように思えるようになったのは、人数は多くないけれど、北海道各地から来て下さったお客様と温かく楽しい時間を過ごすことができたからでした。
次は、7月8日(土)9日(日)の工房楔との共同開催イベント 「Pen and 楔 福岡展2017」です。
体裁としては、オリジナル商品の販売や万年筆の調整販売、ペン先調整をしますが、当店のやり方に賛同して下さる方を探しに行くという姿勢は同じです。
イベントの2日間でまだ予約に余裕がありますので、ご都合の良い時間をお知らせいただければと思います。
イベントに来て下さるお客様と、親交を深めることができたらと思っています。

関連記事

⇒2016.11.25「当店のペン先調整について」

*前の記事「仕事の中心を成すバイブルサイズとVファイル」