携帯用のペン先調整機を手に入れる

携帯用のペン先調整機を手に入れる
携帯用のペン先調整機を手に入れる

6月に札幌、7月に福岡のイベントを控えて少しずつ準備をしています。
外でのイベントは昨年始めからイメージし続けていましたが、10月頃から急にバタバタと物事が決まり始めました。
昨年1月の代官山蔦屋書店でのイベントでは調整機を運ぶために車で東京に行きましたので、車なしで外に持って出ることのできるペン先調整機が必要でした。
大先輩に甘える形になってしまったけれど、11月に名古屋のペンランドカフェの高木雅且会長を訪ねて、食品加工機械を製作されている尾崎さんを紹介していただきました。
今使っているペン先調整機は9年使っていて、改良点や追加したい機能のイメージがはっきりしていました。そして尾崎さんが製作されたペンランドカフェさんの調整機をベースにできたので、訪問したその日のうちに全ての仕様を決定することができました。
打ち合わせから半年の間、メールで何度もやり取りして、尾崎さんにはゴム砥石の製作や図面起こしもしていただきました。

そしてついに新しい調整機を持って、高木会長が運転する車にペンランドカフェの荻敏英店長と尾崎さんが来て下さいました。
わざわざ持ってきて下さって恐縮しましたが、尾崎さんから直接説明を受けることができたし、荻さんとペン先の調整について話すことができました。
そして本業だった会社の経営を息子さんに引き継いでおとなしくしている、とご自分ではおっしゃっている高木会長のお元気な様子も分かりましたので、皆さんにお会いできて本当によかったと、今も興奮が冷めずにいます。

新しい調整機は、試行錯誤を共にした調整機で得たノウハウを全て反映させた、完璧なものになっています。
モーターやベルト、ベアリングなどの作動音は驚くほど静かになっているし、砥石の回転数も無段階で変更することができる上に、回転方向も切り替えることができる。
他にも色々変更点があり、これで細字研ぎ出し加工もやりやすくなりました。

ペン先調整においては、ペンポイントをいかに温存したまま書きやすくするかを念頭に置いているけれど、同時に美しく仕上げたいと思っています。
美しいペンポイントへの憧れはかなり以前から持っていて、趣味の文具箱のペンポイントを超高倍率で撮影した写真などいつまでも見ていられます。
ペンポイントの研ぎを追究したいという想いは昨年あたりからさらに強くなっていて、きっと自分はこれからもこれで身を立てていくのだろうと確信しました。

ペンポイントの研ぎについてだけはいくらでも話すことができるし、その道具についてでも同様で、新しい機械ができたことでまた話すことが増えた。
新しい機械は出張調整用の機械で、今までの初号機も並行して使っていくけれど、自分の手を馴らすためにしばらくは集中して使っていきたいと思っています。

札幌のイベントも福岡のイベントも、いつあるか分からないイベントをアテにするのをやめて、自分たちで実行しようと思って企画しましたが、結局多くの方の助けをいただいて実現することになりました。自分たちだけでは本当に何もできなくて、ご協力いただいている方々に改めて感謝しています。

イベント日程はそれぞれ下記の通りです。お近くの方もそうでない方も、ぜひお立ち寄りください。
対面調整をしての販売がメインとなりますので、ご希望の万年筆がある場合などは先にお知らせいただけましたらご用意してお持ち致します。インターネット販売で直接お会いしたことのない方にも、ご挨拶できればと思っています。

〇札幌イベント 6月24日(土)・25日(日) 10時~19時
ギャルリー ノワール/ブラン
札幌市中央区南2条西6-5-3 住友狸小路プラザハウス2F

〇福岡イベント 「Pen and 楔」 *工房楔との共同開催
7月8日(土)・9日(日)11時~18時(最終日は16時迄)
ギャラリートミナガ 福岡県福岡市中央区大名2-10-1シャンボール大名A-103

〇調整応援 7月1日(土)・2日(日) 10時~17時 *調整応援として滞在しています。
Ka-Ku(カーク)奈良店(奈良大和西大寺のならファミリー内)

関連記事

⇒2013.6.7「ペン先調整雑感」
⇒2016.11.25「当店のペン先調整について」

*前の記事「1本差しのル・ボナー絞りのペンケース」