実用品とコレクション~ペリカンM805デモンストレーター刻印なしモデル発売~

実用品とコレクション~ペリカンM805デモンストレーター刻印なしモデル発売~
実用品とコレクション~ペリカンM805デモンストレーター刻印なしモデル発売~

ペリカンM805デモンストレーター刻印なしモデルが限定発売されました。
万年筆の定番中の定番ペリカンM800の限定品ということで注目されていて、完売は時間の問題だと思っています。

何度も言っていることですが、ペリカンM800はペンの重さを利用して、力を抜いて書くという万年筆の扱いに慣れた人にとって、これ以上書きやすい万年筆はないのではないかと思われるほど完璧なバランスを持った万年筆だと言われています。
重さも、サイズも、力を抜いて書くのにちょうどいいですが、万年筆を使い慣れていないと、そのボディは大きすぎ、重量は重過ぎるように思われ、尻軸にキャップをつけて書くことが難しく感じられます。
この万年筆をキャップをつけて書くことができるようになった時、万年筆の重さを利用して書くことができるようになったと思っていいいのではないかという、水準器のような万年筆だと言えます。

ペン先はとてもハードで頑丈にできていますが、滑らかに書くことができるので硬さを感じさせません。書いていて安心感のようなものがあります。
ペリカンのモデルナンバーは末尾に5がつくとシルバー金具モデルで、M805デモンストレーターはシルバー金具のM800ということになります。
今まで5が付くモデルも、つかないモデルも、バイカラーの共通のペン先を使っていましたが、今年から5末尾モデルにはオールロジウム仕上げの銀色のペン先になりました。
ガラスのような透明のアクリル製ボディとシルバーの金具のM805デモンストレーターは実験用具か、医療器具のように見えます。

透明のボディによってインク残量が確認しやすく、それはさらなる実用性の向上につながっています。
M800は定番品に緑縞、青島、黒軸、M805に青縞、黒軸、発売日が浅く安定供給できていない黒縞などのカラーバリエーションがあり、これらを字幅違いや、入れるインクの色違いで揃えると壮観だろうなと思います。
同じ形のものをいくつも欲しくなって、揃えたくなるのは男性に多い集め方だと私は思っていて、私も同じものがいくつも欲しい方です。
M800の年代違いの書き味の違うものを揃えている方がおられて、その揃え方に大変共感しました。

今回発売されたペリカンM805デモンストレーター刻印なしモデルに対して、刻印ありモデルというものも12月に発売を予定しています。

内部機構が見える透明ボディの表面に、内部パーツ名を刻印したもので、こちらはデモンストレーターの名前通り、吸入メカニズムを説明するための仕様で、標本的な趣きを持ったものになります。
刻印ありはコレクション向き、刻印なしは実用品と言うと、そのつもりではない人に申し訳ないですが、ほぼ同じ万年筆の刻印あるなしで、性格がガラリと変わることが面白いと思っています。

どちらも世界限定900本です。

⇒Pelikan 限定生産品M805デモンストレーター 刻印なしモデル