仕事を楽しんでいるか

仕事を楽しんでいるか
仕事を楽しんでいるか

自分が好きなことを仕事にしているので、毎日が楽しい。
でも同じ楽しい日々の中でも、本当に身が入っていたかどうかは、自分のダイアリーを見返してみると明白に表れています。

前日やそのずっと前に、やるべきことを押さえて、ToDoリストに使っているオリジナルのウィークリーダイアリーに記入しておく。
仕事中にそれをこなせていればいいけれど、ダイアリーに向かう時間が取れなければ、次の日の行動もバラバラなとりとめのないものになっています。
店でしかできないことと、その前にやっておくべきこと、あるいは家で一人でないとできないことがあって、それをコントロールするのがダイアリーの役目です。
それは仕事の出来とは全く関係がないと思うけれど、ダイアリーが自分の文字で埋まって、しかもきれいに書くことができればとても気分が良くて、満足感の中で幸せな睡眠をとることができる。
手帳の出来と睡眠は、私には大きな関係があると思っていますが、それ以前に仕事に身が入っていることと、睡眠とが関係があるのかもしれません。

9月にオリジナルのリスシオダイアリーが完成して、毎年使って下さっている方々や興味を持って下さっている方々が来てくれたり、インターネットで注文してくれたりしています。
自分たちが企画して、売っているものに共感して、買ってもらえることは本当に有難く思えて、当たり前ですが、私はこのダイアリーを使う最後の人になっているだろうと思います。
自分で使っていて改良を少しずつ続けていきたいと思っていて、それはいつまでも完成しない、変化し続けるものになると思っています。

六甲アイランドの鞄工房ル・ボナーさんが製作してくれたオリジナルダイアリー用のカバーが出来上がりました。
携帯に向くシングルタイプはマンスリーダイアリーとウィーウリーダイアリーを入れるイメージですが、もちろんマンスリーダイアリーとノートやデイリーダイアリーと組み合わせてもいいと思います。

ダブルは1冊で仕事の全てを記入したいというものです。
その1冊を打ち合わせや会議に持って行って仕事ができる。スケジュール機能とメモ/ノートのドキュメント機能を一緒にすることができるのがこのダブルタイプです。
革質とカラーバリエーションは抑えた色で、実用性を重視したものになっています。
シュランケンカーフはカーフならではの柔らかい手触りですが、シュリンク加工により傷が付きにくい丈夫な革で、ル・ボナーさんは鞄でもこの革をよく使います。

キャメルのみノブレッサーカーフを使用しています。
ノブレッサーカーフは艶と張りのある革で、いつまでも最初の状態を保ちきれいに使うことができる。インクなどが付いてもすぐに拭けば取り除くことができます。
昨年はわずかな数しか作ることができず、お客様にご迷惑をかけてしまいましたが、今年はル・ボナーの松本さんのおかげでたくさん作ることができました。
年頭に、今年一番作りたいものを自問自答してダイアリーカバーを作りたいと思いました。
個人的にも思い入れがある、ル・ボナーさん、分度器ドットコムさん、当店のロゴが入った共同企画品。

私好みの渋めの色展開ですが、こういうものが大人には一番使いやすい。
派手ではないけれど、いつまでも傍らにあって欲しいものができたと思っています。

⇒オリジナルダイアリー