万年筆で書ける文字

万年筆で書ける文字
万年筆で書ける文字

今年最後のペン語りになります。
年明け1月5日(土)11時からホームページと店頭で、工房楔のお年玉企画商品を販売します。どうぞ、ホームページをご覧下さい。

当店は12月28日(金)から1月4日(金)まで年末年始休暇に入りますが、その間もホームページは営業しています。
工房楔の年末に仕入れた新商品は注目していただきたいし、、11月に発売になった限定万年筆ペリカンM800ストーンガーデンなどは、もっと人気が出てもいい万年筆だと思っています。お正月休みのお時間がある時に、じっくりご覧下さい。

きっと多くの方が賛同してくださると思いますが、ペリカンM800は手との一体感が感じられる万年筆だと思っています。
持っていること、万年筆で書いていることを意識させずに、自然体で書くことができる。そう思っているので、こんな風に書けたらと思い描いた文字が、M800なら自分なりにですが書くことができます。
でも書ける文字で驚いているのは、ウォール・エバーシャープデコバンドです。
私はこの万年筆を使って楽しい、書いて楽しい趣味の万年筆といつも言っているけれど、実はデコバンドは書道の経験のある人からの評価が高く、ただの趣味の万年筆という道楽の道具で片付けてはいけないのかもしれないと思い始めています。
ボディが大きいので、文字がつい大きくなってしまいますが、形の整った堂々とした文字が書けると思っています。
ウォール・エバーシャープのシド社長が、それはボディが大きく腕で書くようになるからだと説明していました。腕で書いているつもりはないけれど、自分の文字が変わることは意識していて、このペンでないと書けない文字があります。
万年筆は趣味で持つものだと私は決めつけています。そう仮定しないと様々なことの説明がつかないからだけど、やはりどうせ書くならじぶんなりに美しい文字が書ける万年筆で書きたいと思う。
M800とデコバンドにはその要素があって、愛用に値する万年筆だと、今年最後に皆様にお伝えしたいと思いました。
良いお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いいたします。

⇒ペリカンM800ストーンガーデン
⇒WAHL-EVERSHARP(ウォール・エバーシャープ)TOP

関連記事

*前の記事「イタリアの家族経営の物作り アウロラ」