マーレン ~掘り下げる楽しさと万年筆の広がりのバランス~

マーレン ~掘り下げる楽しさと万年筆の広がりのバランス~
マーレン ~掘り下げる楽しさと万年筆の広がりのバランス~

マーレンは1982年創業ということで、万年筆メーカーの中では最も新しい部類に入りますし、保守的な万年筆の世界において、マーレンという名前はまだそれほど名声を得ている訳ではない、新興ブランドだと言えます。

しかし、マーレンで最も有名な万年筆バイタス・キーを例にとってみると、万年筆をより楽しいものにしたいというマーレンの想いが伝わってきます。
バイタス・キーはボディ中央に空けられた鍵穴に付属の鍵を差し込んでインクを吸入させるという、とても気取った演出がされた万年筆です。

技術的なものは出尽くしていて、新しい技術のない万年筆の業界において煩わしく万年筆の不便なところだとされていたインク吸入の手間を、粋なアイデアによって、楽しめるものに演出されています。
それは些細な事かも知れませんが、万年筆を多くの人たちから忘れられないようにするためにも大切なことだと思います。
バイタス・キーは何本も万年筆を持っていて、それなりに知識のある人にも楽しんでもらえる万年筆だと思います。

マーレンは万年筆にそれほど強いこだわりを持っていない人、例えばこれから万年筆を使ってみようと思っている女性などからはそのデザインの美しさから選ばれることが多く、マーレンの価値はこういうところにもあるのだと思っています。
私は万年筆の業界は、マニアックに掘り下げて行くだけでなく、もっとたくさん人への広がりを意識して働き掛けていかなければ未来がないと思っています。
柔らかい書き味や、ボディのバランス、伝統的な作りなど、それらも大切なことだと思います。
しかし万年筆の価値はそれだけでなく、固定観念に固まっている頭によって、自由な万年筆選びが妨げられてはいけないのではないかと考えています。

マーレンで最も売れている万年筆、ネイチャーは万年筆という気負ったところがなく、小振りで装飾を抑えたシンプルなデザインでありながら、曲線の柔らかさ、持ったときの心地よさなど、女性にピッタリの万年筆だと思いました。
お洒落なものに敏感な女性たちがこの万年筆を選ぶのも、万年筆を知らないからではなく、万年筆を知らないからこそ、固定観念に囚われずにお洒落なものを選ぶことができるのだと思います。

マーレンの現在日本に輸入されていないモデルを当店限定で輸入発売するという話をいただいた時、とても面白いと思いました。
ぶ厚い本国のカタログから選んだものは、他のメーカーにはない独創的なデザインを持ったものばかりで、これらの万年筆が2本目、3本目の万年筆ではなく、初めて選ぶ万年筆であってもいいのではないかと思いました。

私がマーレンの魅力を知ったのは、グラフィックデザイナーの神谷利男さんのオデュッセイアを知ってからでした。
クリーミーホワイトの深みのある色合いに、無骨なアクセサリーを思わせる、大胆に配されたシルバーのリング、大きなペン先。
存在感があり、選ぶ人を限定するような気高さのあるペンで、たくさんあるペンの中で、このペンを選ぶことがとてもかっこいいと思いました。

当店がマーレンを扱い出したのは、どちらかというと地味で内向的な万年筆を格好いい余裕のある大人の道具に演出したいという事と、ボディの美しさで万年筆を選ぶことのできる女性たちが選べるようにとの気持ちからです。

そういった感覚を取り入れることで、万年筆がより一般化し、広がりを持ってくれるのではないかという思いもありますし、それらのバランスを取っているマーレンの姿勢に敬意を持っています。

当店ではこれからも万年筆の楽しさを掘り下げるお手伝いと、自由な感性で万年筆を選ぶ女性を応援できる店でありたいと思っています。

*画像はオデュッセイアです。

マーレン万年筆