ペンレスト兼用万年筆ケース3本用完成

ペンレスト兼用万年筆ケース3本用完成
ペンレスト兼用万年筆ケース3本用完成

シンプルなものほど工夫が必要で、形になるまで時間がかかるものだと思いました。
出来上がりはスマートでシンプルなものだけど、その見た目とは違って、当店と製作者のカンダミサコさんの工夫が詰まった、思い入れのあるものになりました。
このペンケースが形になるまでにカンダさんに何度も試作を作ってもらい、少しずつ修正していきました。

最近ペンケースにシンプルなものがたくさん出てきました。
フラップなどがついておらず、ペンを差し入れるだけのものですが、こういったものは意外と実用性が高く、私も使ってみましたが机に置いておいてペンを取り出すときにこれほど便利なものはないと思いました。

ズボラ(標準語では面倒臭がり)な性格で時々ペンケースのフラップを開けることさえ面倒なときがあるからですが、私のようにズボラでなくても、忙しい時などフラップを開けずにペンを取り出せたら便利だと思いますので、こういったものの需要はあると思いました。

しかし、そういったペンケースは取り出しやすい反面、持ち運びの時少し不安があります。
誤ってペンケースを逆さまにしてしまった時にペンが脱落する危険性があって、そそっかしい私は何度かペンを落としてしまいました。
取り出しやすい利便性とペンの脱落を防ぐ機能を併せ持たせることができたら。
それがこのペンレスト兼用万年筆ケースの始まりでした。
ふた部分を枕のように使えるように、そして中のペンを取り出しやすいようなデザインはイメージしていましたが、実際の革でそれを実現するのは数ミリ単位での調整が必要で、試作は大変だったと思います。

使い方は、持ち運び時にはふたを閉めて万年筆の脱落防止と保護の役に立つクローズ状態。机などに置いて使っている時は、ふたを枕のようにペンの背後に入れ込んだオープン状態にしていただくと出し入れがしやすくなっています。

モンブラン146、ペリカンM800などのレギュラーサイズの万年筆を標準としていますが、モンブラン149のようなオーバーサイズの万年筆も入ります。

使い始めた時、少しピッタリとしていますが、素材であるシュランケンカーフは柔軟で中身に合ってくるようなところがありますので、使っているうちに出し入れしやすくなります。
シックな黒はお仕事などのフォーマルな時、スーツによく合うと思います。
アイリスはカジュアルな服装の時にも合うし、パッとした気分が晴れやかになる色だと思います。

出来る限りシンプルなデザインでありながら、必要な機能性を持たせたペンケースに仕上がっています。

⇒Pen and message.オリジナルペンレスト兼用万年筆ケース(3本差し)