ペリカンM600ルビーレッド 才色兼備な存在

ペリカンM600ルビーレッド 才色兼備な存在
ペリカンM600ルビーレッド 才色兼備な存在

靴が欲しいと思いました。

でも今回はデザインや細かな色の違いよりも、自分の足にピッタリと合うものが欲しいと思いました。
売れ筋から言うと私が履くようなサイズは規格より少し小さめで、それを作ることで効率は悪くなるかもしれません。
でもそれぞれのメーカーや輸入代理店の考え方で、多くの人にピッタリと合うものを提供したいと考えるかどうかが、ラインナップに表れていると思いました。
ネットでいろいろ調べてみて、パラブーツの靴に小さいサイズがあることが分かりました。
歴史があり、日本国内にしっかりした代理店があるところはサイズを揃えていることが多いということが分かり、それはペリカンの万年筆にも言えることだと、今回の自分の買物で分かったのでした。

ペリカンの万年筆もパラブーツと同じように、誰にでもピッタリ合うように、手帳のペンホルダーやベストの浅いポケットにも差すことができるミニペンM300から、筆達者な人にこそ使いこなして欲しいオーバーサイズのM1000まで、それぞれとても意義のある5つのボディサイズをラインナップされていて、誰にでもピッタリ合うようにできています。

ペン先の種類もEFからBBまでありますので(M800とM1000は3Bまで)、それぞれの用途に合うものを見つけることができます。
最近では売れ筋のFとMしか揃えていないメーカーもあって、それは靴で言うと7から9までしか揃えていないことと同じものを感じます。

万年筆のボディサイズやペン先の字幅のサイズも、多く、細やかに揃えている方がピッタリ合って、より快適に満足感を持って使うことができるからペリカンを愛用する人は多いのだと思い当たりました。
携帯性に優れた最もペリカンらしい万年筆M400、タフなペン先とバランスの良いボディで最も万年筆らしいM800という2つの名品の間で、M600は異色な存在だと思っています。
アウロラオプティマと太さ以外は、ほぼ同じ長さと重さのM600の中間的なサイズがペリカンらしくないと考えていました。

しかし、昨年発売し、特別生産モデルグリーン・オ・グリーンや今年限定生産したM605など、ペリカンの中でM600のシリーズを活性化しようとする動きが見られますので、ペリカンとしてはM600をニュースタンダードとして位置付けたいのかもしれません。
そんな動きをさらに強化するような限定生産品M600ルビーレッドが限定1000本で発売されました。
ペリカンでは以前、都市シリーズという世界の都市をイメージした限定品を発売していて、各都市のイメージと合った色合いでとても人気がありましたが、ルビーレッドはその時のマドリッドから透明感をなくして、しっかりとした赤色の強い色を出している、よりイタリアの万年筆に近い色合いをこのルビーレッドに感じます。

ペリカンの、ドイツ仕込みの実用性、耐久性とイタリアの万年筆の美しさを兼ね備えたものに仕上がっているのが、M600ルビーレッドです。
M600はボディが軽いので女性にも使いやすいと思いますし、調整していて言うことをよく聞く、とても素直な柔らかいペン先も特長的だと思いました。
自分にとってピッタリサイズの万年筆を探している時にデザインや色合いは優先されるべきことではないかもしれません。
でも実用的にピッタリ合って、モザイク柄の美しいボディを持つM600ルビーレッドのような万年筆もまた、異色の存在なのかもしれません。

Pelikan 限定生産品M600「ルビーレッド」