シュランケンカーフの長寸ペンケース

シュランケンカーフの長寸ペンケース
シュランケンカーフの長寸ペンケース

色々なサイズの万年筆を持っていますが、握ったり、書いたりしていて、喜びが大きいのはやはりオーバーサイズの万年筆です。
大きなペン先、それによる豪快な書き味。オーバーサイズのペンが書きやすい時は、やはりペン先が大きいと書き味が良いな、と思ってしまいます。
実際は小さなペン先の万年筆でも書き味がすごく良いものもあるし、ボディが大きくなくても持ちやすいものもあります。
しかし、手がペンの重みで書くことを覚えてしまうと、ある程度の大きさ、重みのあるペンの方が机に向かってまとまった文字数を書く時には書きやすいと思います。
と言っても私が書く文字数は一文で1000文字前後のものがほとんどなので、もっと長文を書く人にどうか分からないけれど。
重みで書ける万年筆のボーダーラインは20g台後半以上、直径13mm以上の万年筆で、ペリカンM800やパイロットカスタム743、845、パーカーデュオフォールドセンテニアル、アウロラ88クラシックなどなどたくさんありますが、これらの万年筆よりもひと回り大きな万年筆がオーバーサイズの万年筆ということになります。

オーバーサイズの万年筆の魅力は、ペン先に代表されるその大きさですが、困ることがひとつあります。
家や職場に置いたままで持ち歩かなければ気になりませんが、それを収納するペンケースがないということです。
オーバーサイズの代表的な万年筆モンブラン149やペリカンM1000などオーバーサイズを代表するペンを収めるケースならまだありますが、それらよりわずかに大きくなると難しい。
中屋万年筆シガーロングやセーラー100周年島桑などの万年筆をいれるために長寸ペンケースをオリジナルで作り、2011年から断続的に販売しています。
一時期大きなペンの需要が静まっていましたので、止めていた時期もありましたが、また収納するペンケースに困っているという話を聞くようになり、今年になってからダグラス革で製作し、今回はシュランケンカーフで作ってみました。
ダグラス革は使っているうちに艶が出て、シワなどもサマになる革ですが、中身に応じて伸びてくれるシュランケンカーフの使いやすさも捨て難いと思いました。
当店にはまだ入荷していませんが、最近発売されている大きな万年筆と言えばパイロットのカスタム漆です。このカスタム漆を収納するケースがなく困っている人が多いようです。
長寸ペンケースのダグラス革でも入らなくはなかったですが、革の性質上出し入れがしづらかった。シュランケンカーフ仕様だとさすがにそういうことはなく、革の柔らかさもその使いやすさに影響しているようです。
留め具やフタなどのないとてもシンプルな仕様ですが、ペンを取り出す時、収める時など所作にこだわりたくなりそうなペンケースです。

⇒長寸用万年筆ケース シュランケンカーフ

関連記事

⇒2011.5.13「オリジナル長寸用万年筆ケース完成」

*前の記事「工房楔のペンシル」