サファリ2015年限定色ネオンライム

サファリ2015年限定色ネオンライム
サファリ2015年限定色ネオンライム

テレビ番組で、ボールペンの特集があり、その中でマツコデラックスさんがサファリの毎年発売される年度限定モデルを買っていたことを話していて、この人はこちら側の人だと見直しました。

モンブランの万年筆を使っていると言われても心は動かない。サファリというのがポイントで、毎年限定色が発売されていることを知っているところもポイントでした。
それだけで以前から何となく思っていた、この人は感じの良い人だという認識が確信になりました。
万年筆はそれを使わない人から見るとやや理解不可能なものになっています。
例えばある万年筆の値段を、万年筆を使わない人に聞いたとしても、せいぜい20分の1くらいの値段を言われてしまうのが現実で、それが良いことなのかどうなのか分からない。
でもそれだけ底の深い、マニアックなものになっています。
サファリは万年筆を使わない人と、私たちのような人をつなぐ、架け橋のような存在だと思っています。

サファリは他のどの万年筆でも担うことができない役割を持っています。
はじめて万年筆を使うと言う人にカクノを勧めて買ってもらうことは販売員としてとても簡単で、きっと皆喜んで買ってくれると思います。
しかし私はそういう人にもサファリを使ってもらいたいと思っていて、サファリを使っていることの誇らしさのようなものを感じてもらいたい。
サファリという個性的な万年筆を持つ喜びは、万年筆を持つ喜びの第一歩のような気がします。

また、サファリは万年筆をある程度使っている人でも使う価値と理由のある、このペンならではの魅力を持っています。
4000円という万年筆としては安い値段で販売しなければなりませんので、コストのかかる素材を使うことができませんが、安い素材を使いながらも、万年筆に備わっていて欲しい機能を全て備えていて、デザインはサファリ以外にはない、とてもオリジナリティのあるものだと思います。

サファリを使って万年筆の書き味とその魅力を知った人は、きっともっと良い万年筆を使いたくなると思っています。
ラミーサファリの2015年の限定色ネオンライムが発売になりました。
以前にも同じ傾向の色があったと思ったとしても、それはきっと気のせいで、確かに違う色です。
万年筆の所有欲を教えてくれる第一歩の万年筆として、この年度限定色は話題作り、万年筆を使うきっかけ作りにおいてとても重要で、なるべく続けてもらいたいと思いますし、ラミーにも意地でも続けていくという気迫のようなものを感じます。

マツコデラックスさんは、もっと良いペン、例えばラミー2000などを使いたくなっただろうか?

⇒LAMY サファリ2015年限定色 ネオンライム

◎関連記事
⇒2009.2.13 ラミーサファリの価値観
⇒2010.3.12 オンリーワンの存在感・ラミーサファリ
⇒2012.8.10 ラミーサファリ~万年筆の世界を教えてくれる存在~