カンダミサコ新作「ブッテーロ革ペントレイ」完成

カンダミサコ新作「ブッテーロ革ペントレイ」完成
カンダミサコ新作「ブッテーロ革ペントレイ」完成

カンダミサコさんの新作「ブッテーロ革ペントレイ」が完成しました。
昨年から販売させていただいている、ペーパーウェイト、ブッテーロ革デスクマットとセットで使っていただける同じ素材、同じ色で揃えています。

新作のペントレイは、革を7層も積み重ねた構造のもので、色違いの革をカンダさんがコーディネートして重ねた断面のグラデーションが美しい、センスを感じさせる上質なものになっています。

その仕上げに一番苦労したという断面のグラデーションがこのペントレイの外観上の特長になっていて、見て、触っても楽しめるものは今までなかったのではないかと思っています。

こういった革のペントレイは、器型のものがほとんどで、表面に溝がつけられているタイプの革のものは珍しく、大変便利なペン休めです。
私は毎日使っている万年筆を美術工芸品のように扱っているわけではありませんが、大切にしている万年筆を机の上にそのまま置いたり、硬いものの上に置くことが躊躇われていました。

また同時に使っているペン同士が当たることもとても心乱されることで、そういったことを気にせずに万年筆を使うようにしてくれるペントレイは作業効率も上げてくれます。
揃いのデザインのデスクマットも、3層もの素材を重ねて反り対策としていますが、安定感もある大変使いやすいものになっていますので、併せてお使いいただくとより雰囲気のある机上空間が出来上がります。

ペントレイもデスクマットも、革本来の風合いを残してなめしているブッテーロ革を使用していて、革ならではの風合いが模様となっていますので、私もそうですがこういった素材感を楽しめる方には他にない素材です。

最近とても忙しくされているカンダミサコさんですが、そのお仕事の合間を縫って昨年末フィレンツェとパリに一人旅に出られていました。

ヨーロッパで受けた刺激が、このような美しい作品を生み出したのかと思うと嬉しく思いましたし、クリエイティブな仕事をするために外に出てみることの重要性も感じて、ただ毎日作品作りさえしていればいいというわけではない職人の仕事の難しさ、感性の研ぎ澄まし方を垣間見た気がしました。

全てカンダさんとご主人のお二人で全ての工程をこなしていますので、ひとつの作品が出来上がるまでに時間がかかりますが、これからもカンダミサコさんと共に、ゆっくりと歩いていきたいと思いました。

*カンダミサコさんのデスクマットのサイズ別製が可能になりました。

既製品は、A4サイズですが、以下のサイズを参考にのせておきます。(税込み、送料・手数料別途必要)
B1 100,000円 B2 58,000円 B3 28,000円 B4 15,000円
A1 80,000円 A2 46,000円 A3 22,000円

ご希望の方はメールでお問い合わせ下さい。

⇒カンダミサコ ブッテーロ革ペントレイ