カンダミサコミニ5穴システム手帳

カンダミサコミニ5穴システム手帳
カンダミサコミニ5穴システム手帳

最近ではマイクロ5とかM5と呼ばれるミニ5穴システム手帳を使ってみて思ったのは、バイブルサイズとは違って、気分で本体を持ち替えて使いたいということでした。
趣味とか遊び心がこのサイズには込められるような気がしました。
世にあるミニ5穴システム手帳の多くのものは当店でも扱っているアシュフォードのものが中心で、さすがにアシュフォードは長くシステム手帳を作ってきただけあって、使いやすい手堅いものを作っています。
量産されているものでもいいけれど、また違うものも使ってみたい方は多いのではないかと思いました。

そこで、カンダミサコさんに2種類のミニ5穴システム手帳を作っていただきました。
ひとつは2016年から発売しているバイブルサイズと同じように、カラフルなシュランケンカーフを使って、薄くスマートに使っていただけるもの。
表紙が180℃平らに開く、オリジナルのリング取り付け構造はミニ5穴でも同様です。
上質な革の上品な色合い、質感も楽しんでいただけるカンダミサコさんらしいミニ5穴が、できたと思います。

もう一つを私は賛否両論分かれる問題作だと思っています。
当店がコンチネンタルシリーズで使っているダグラス革は野趣溢れる革で、繊細なものを好まれる方には向かないけれど、使い込むとすごい艶が出る、個人的にとても気に入っている革です。
このダグラス革が生産終了となり、革問屋さんに残っているものをカンダさんに買い占めてもらいました。今すぐなくなるわけではないけれど、2、3年でなくなってしまう量しかありませんでした。
このダグラス革の個性を活かしたミニ5穴がその問題作です。

薄くて携帯しやすいものがミニ5穴システム手帳に求められる要件の一つだと思いますが、コンチネンタルのミニ5穴手帳は、革を出来るだけ厚くしてダグラス革の質感を楽しみながら、コロンとしたフォルムに愛着が持てるようにしました。

ミニ5穴システム手帳の作りから言うと、正解のものと逆の作りなのかもしれないけれど、フォルムを楽しむ、革の質感を楽しむものもあっていいのではないかと思います。
革が馴染むまで革の力で開こうとしますので、簡単なベルトもついています。
仕事だけでなく、休日にも使えそうなカジュアルな服装でも使うミニ5穴システム手帳にはいろんなタイプがあっていい。
コンチネンタルシステム手帳ははじめは使いにくそうだけど、面白そうと思っていただける手帳だと思っています。
いよいよ完成したカンダミサコミニ5穴システム手帳、今後当店を賑わすものになると思っています。

*カンダミサコミニ5穴システム手帳コンチネンタル
*カンダミサコミニ5穴システム手帳シュランケンカーフ

関連記事

⇒2018.5.4「カンダミサコ新作「マルセシステムバインダー」発売」
⇒2016.9.30「カンダミサコバイブルサイズシステム手帳」

*前の記事「アウロラ限定万年筆 インターナツィオナーレ」