オリジナルフリーデイリーノート

オリジナルフリーデイリーノート
オリジナルフリーデイリーノート

来年の予定が既にたくさん入っている方もおられ、そういった人たちのためにもダイアリーを早く用意したいと思っています。
毎年と同じになってしまいましたが、今年のオリジナルダイアリーの発売は9月上旬の予定になっていますので、よろしくお願いいたします。

オリジナルダイアリーは、当店と分度器ドットコム、大和出版印刷との共同企画で、今回でついに5回目(5年目)の製作になります。
ダイアリーはステーショナリーの中でも、最も継続性が求められる商品だと思っています。もちろん永遠に継続させるつもりで始めたけれど、ひとまず5年継続できてとても有難く思っています。
このダイアリーを買って下さっているお客様方の存在なしでは、続けることができませんし、これを作り続けて一緒に販売努力も負って下さっている大和出版印刷さんにも感謝しています。

上記のダイアリーは、日付入りのマンスリー、ウィークリーダイアリーのことで、1日1ページのデイリーノートは日付を自分で書き込むフリーダイアリーになっています。
毎日書かなくてもいい、書くことがある時だけ記入してもらう。
気楽に長く続けて使っていただけるようにと思っています。

その日の予定、するべきことを管理して、その日にあったことを記録するという、予定帳と日記機能の両立したものを目指しています。
万年筆でダイアリーを書くという楽しみと、充実した1日をサポートできるものになっていると思っています。
デイリーダイアリーの罫線は正方形の紙面を4分割にしてレイアウトしています。
これは何の根拠もありませんが、思考をシンプルな平面的な形にすると、正方形4分割になるような気がして、その形にしています。
正方形という書く紙としては特殊な紙面がこれによって書きやすくなり、時系列で書いた記録を後から探す時、視覚的、直感的に見つけやすいフォーマットだと思っています。
左側の上は、その日にやらなければならないこと、この日の予定を書くことができて、このダイアリーの中で唯一未来について書く部分になっています。
左下MEMO欄は、覚書欄で、キーワードや連絡先など、メモ帳に書くように書き込みます。
ラフに書いても場所が決まっていますので、すぐに見つけて後から活用することができるスペース。
右側の2段は、どちらもドキュメント、記録のためのスペースです。
上段、下段にそれぞれ役割を持たせてもいいし、つないで大きなスペースとして使うこともできます。
ダイアリーを書き込む時、多くの方が細字を使うと思います。
書くスペースに制約がありますし、細いペンで書く方が文字がくっきりして後から読みやすい。
太字に比べると、細字の万年筆はどうしても引っ掛かりが出やすいですが、オリジナルダイアリーの紙は大和出版印刷さんが理想の万年筆用紙を追究して開発した紙、リスシオ1を使用していますので、これもまた書くことを楽しくしてくれる条件のひとつだと思います。
ダイアリーを変えただけで、仕事はそう簡単に変わらないかもしれないけれど、仕事を良くするために1日1日を大切にする役に立つもの、仕事をより楽しくしてくれる役に充分立つものだと思います。
ちなみに正方形ダイアリー用の革カバーは、大和出版印刷さんと同じ六甲アイランドにある鞄店ル・ボナーさんが担当して下さっていて、10月上旬の完成を目指しています。

⇒オリジナル フリーデイリーノート
⇒オリジナル商品一覧トップ(2013ダイアリー)