オリジナルダイアリーカバー完成~毎日使う上質の革~

オリジナルダイアリーカバー完成~毎日使う上質の革~
オリジナルダイアリーカバー完成~毎日使う上質の革~

9月に来年度用のダイアリーは完成していましたが、革カバーも出来上がりました。
今年はル・ボナーさんの革コレクションの中から、今では手に入らなくなったとても貴重で良質な革を使って製作していただきました。
メインはサフィアンゴート、山羊革を薬品で縮れさせた革で、とても丈夫で、キラキラしたシボに仕立てたものです。
傷を気にせず、使い込むと適度に柔らかくなってくれそうな、実用的でもある革だと思います。

フラスキーニ社のカーフは、非常に柔らかく、使い込むと艶を出してくれる革で、こんなに手触りの良い革はあまりないでしょう。
オリジナルダイアリーは罫線のレイアウトや紙質が特長ですが、上質な革を使うこのル・ボナーさんの革カバーも大きな特長になっています。
オリジナルダイアリーを企画した時に、万年筆で書くというところが当事者の合言葉のようになっていて、カバーもそれを踏まえたものにしました。

とてもシンプルな仕様で、ペンホルダーもベルトもついていませんが、これが書くことにおいて一番使いやすく、このダイアリーを使う人は万年筆をペンケースに入れて使うのではないかと思いました。
余分だと思ったものを全て省いて、カバーの機能だけに特化した潔い仕様のオリジナルダイアリーカバーから、私は静謐な佇まいさえ感じて、大いに満足しています。
シンプルなカバーには、例年通りシングルとダブルがあり、シングルでは厚型ノートと薄型ノートを1冊ずつ収めることができます。
例えば薄型のマンスリーダイアリーと厚型のフリーデイリーダイアリーや、ウィークリーダイアリーを組み合わせて使うことができます。

ダブルには最大4冊まで収納することができます。
1つ目の仕切りにマンスリーダイリーとウィークリーダイアリー、2つ目の仕切りに薄型方眼ノートrectoとフリーデイリーダイアリーを入れることができます。

〇薄型ノート〇
マンスリーダイアリー
大和出版印刷recto square
〇厚型ノート〇
ウィークリーダイアリー
フリーデイリーダイアリー
リスシオワン正方形ノート

しかし、このダイアリーを使う人は私と同じように考える人だけではありませんでした。
ダイアリーに何か書こうと思った時に、すぐ横にペンがついていないと嫌だ、ペンを探すのが煩わしいという声が聞かれるようになりました。

最初は聞こえないフリをしていましたが、手帳用のペンが決まっている人は、ペンホルダーがついている方が便利に決まっている。
そして、自然に開いたりしないようにベルトもついていて欲しい。
それを実現したのが、今までの当店の取り組みとは違った、女性目線の切り口で商品を企画しているDRAPE(ドレープ)によってでした。
当店の今までの仕様は、素材感やシンプルさなどを大切にしてきましたが、DRAPEのシリーズでは、オリジナルダイリーをエレガントに使っていただくということを大切にしています。
オリジナルダイアリーカバーのDRAPE版の素材は、フォーマルな印象の艶のある革クリスペルカーフの新色、トープとブルーです。
昨年モデルとベルト周りのデザインを変更してさらにエレガントな印象を強めています。

DRAPEカバーによって、今まであまりにも頑なに感じられた当店のカバーとダイアリーをより多くの方にお使いいただけるようになったと思っています。
毎日使うダイアリーだからこそ上質な革を使用したものを。
ここまで上質な革にこだわったダイアリーカバーは他ではなかなか手に入らないと思って、大いに自信を持っています。

⇒Pen and message.オリジナル商品ページトップ