オマス~緊張感と独自性~

オマス~緊張感と独自性~
オマス~緊張感と独自性~

サンプルで見せていただいたオマスに触れた時、手に取るだけで背筋が伸びる茶道具などとの共通点を見ました。
最もオマスらしいミロードのシリーズは、大き過ぎず実用的なサイズで、当店でのオマスのスターティングラインナップの中心とし、その中で素材に特徴のあるものを選んでいます。

ミロードのウッドコレクションはオリーブとココボロの天然木を非常に高い精度で12面体に加工されています。
磨きこまれたスベスベした木の手触り、柔らかい素材であるはずの木に鋭角な印象を持たせた緊張感のある佇まいは、この万年筆を使ってみたいという強く心が動かされる逸品だと思っています。

同じミロードのシリーズのセルロイドは、極限まで削ぎ落として軽く作られた茶道具の棗(ナツメ)のような印象を受けます。
そのペンを手に取ると、想像以上に軽く、大切に扱いたいと思わせるものがありますし、羽のような軽さは自由自在に操れるイメージを与えてくれます。

オマスらしさを抑えたボローニャのシリーズは、奥行きがある柄行きのセルロイドを一般的な円筒形のボディにくり抜いたペンです。
オマスが作る実用的な万年筆といった風情で、他社のペンとの差別化に成功しています。

オマスは1925年創業のイタリアの老舗ブランドのひとつですが、日本での扱い会社がなくなるという不遇な年があり、私の認識からも消えかけていました。
昨年シガークラブなどを運営するインターコンチネンタル商事がオマスの輸入代理店となり、日本でのオマスの供給が再開され始め、有名大型店で販売が開始されました。
オマスがインターコンチネンタル商事によって日本にもう一度輸入されるという話をお客様から聞いていて、私もその動向に興味を持っていました。
お客様方からのリクエストと大阪のシガークラブI氏の口添えなどで、インターコンチネンタル商事K女史の訪問を受け、当店でも扱いが始まりました。
店をしている人はきっと皆思うことですが、私も常々他の店と差別化できる商品を扱いたいと思っています。
天邪鬼な性格のため、他店で売れているものは他店で買うことができるから、当店で積極的に扱わなくてもいいと思ってしまいますので、売れ筋の商品が出た時にそれを追いかけることがあまりありません。
他店ではあまり扱うことのない良いものを扱いたいと思っています。

売れ筋を追いかけるよりも、当店の顧客から求められる当店独自の売れ筋を見つけて、それを追求したいといつも思っているので、今までの私の万年筆の経験からは売れ筋と言えるものではないものの中から、当店だけの売れ筋が生まれています。

オマスは価格も高く一般的ではないけれど、高い完成度と独自の魅力があり、当店のお客様方にはとても相応しいような気がしましたので、オマスを扱うことに迷いはありませんでした。

私自身、使ってみたいと強く思えて、そのペンを手に入れることを考えると元気になれるペンと久しぶりに出会いました。

画像は「ミロードウッドコレクション:オリーブ」です。⇒こちらからどうぞ