インクコレクション

インクコレクション
インクコレクション

インクが消耗品ではなくコレクションの対象になるのだということをお客様の動向から知りましたが、考えてみると少し前からメーカーサイドからもそのような動きがありました。

カランダッシュは現在のクロマティクスインク以前から、自然の色彩をテーマにした、発色が良く美しいボトルのインク(当時の定価は2,500円で相当高価だと言われていました)を発売していましたし、ペリカンが普及品の4001シリーズとは別に宝石をテーマにしたエーデルシュタインシリーズのインクを発売したり、パイロットの色彩雫もその動きにあたると思います。

ローラー&クライナーから1000個限定でシリアルナンバー入りの「コーヒーカンタータ」が発売されましたが、そういった企画を今のインク市場は歓迎すると思います。
インクを取り巻く環境はそれだけ変化していて、今まで万年筆の二義的な存在だったインクが万年筆を凌ぐほどの華やかな存在になっています。
限定品なのでこのインクを使い続けることはできないけれど、持っていることが楽しかったり、少しずつ大切に使われる存在のインクになるのだと思います。

ローラー&クライナーのインクは発色が良く、インク出もスムーズで、そのクラシカルなボトルとは裏腹にカランダッシュやファーバーカステルなどのような新しいタイプのインクに属するのではないか、より快適に使うことができるインクなのではないかと期待しています。
「コーヒーカンタータ」はローラー&クライナーの発祥の地ライプツィヒにゆかりのあるバッハにちなんだインクです。バッハの小喜歌劇「おしゃべりはやめて、お静かに」はコーヒーカンタータとも呼ばれ、18世紀ドイツのコーヒー事情もうかがい知ることができます。初演はライプツィヒのコーヒーハウスで行われました。
落ち着いた色合いのコーヒー色のインクで、私もそうですがお好みの方も多いと思います。

当店のオリジナルインクは、欲しい色がなかったからオリジナルで作った、当店のこだわりや世界観を色で表現したインクです。
冬枯れ、朔、山野草、朱漆の四季に合わせた4色のインクを作ってから8年(朔にいたっては10年)も経ち、前記のようにインクを取り巻く環境は激変しています。

オリジナルインクはたまに当店の活動に理解を示して下さる方が買われる程度でしたが、今ではインターネットでもよく売れるようになりました。
今まで半年以上かけて売っていたようなものが、1週間持たない。
けれどこの状況はいずれ収まると思っています。

今までオリジナルインクは万年筆とともに買っていただくものでしたので、それで利益をいただくということはあまり考えていませんでした。
しかし最近オリジナルインクだけを買われる方が多くなり、採算の取れない状態では厳しくなってきたため、価格を変更することにしました。
継続してお使いいただいているお客様には申し訳ないですが、何卒ご理解下さい。

先日、全色入荷しましたのでホームページでも販売していましたが、数が少なくなったものは品切れとさせていただき、次回入荷まではご来店のみの販売になります。
オリジナルインクをめぐる混乱はまだ続きそうで、店としてはとても有り難いことなのですが、お客様にはご迷惑やご心配をおかけしていることを申し訳なく思っています。

⇒インク・消耗品TOP