手を加えることを拒むモノ~SkyWind exhibition vol.2と神戸派計画新プロジェクトKoNCREAT

手を加えることを拒むモノ~SkyWind exhibition vol.2と神戸派計画新プロジェクトKoNCREAT
手を加えることを拒むモノ~SkyWind exhibition vol.2と神戸派計画新プロジェクトKoNCREAT

SkyWindさんのイベントが昨日から始まり、11月10日(木)まで開催しています。
普段SkyWindさんの作品として、写真のポストカードやコラージュのミツロウ引きブックカバーを販売していますが、イベントでは額装した大判の写真作品とコラージュ作品の販売もしています。

心を動かされた風景を他の人にも見てもらいたい、自分が美しいと思ったこの色を気付いてもらいたいと思ってSkyWindさんが撮った写真作品をポストカードなどの用途のある製品として販売していますが、それらはSkyWindさんのそれぞれの被写体への想いが込められている「作品」だと思っています。
それらはそれで完成されていて、私たちが後から手を加えることを許さない威厳を持ち合わせている。
私たちはSkyWindさんの世界観に共感して、彼女がファインダー越しに見た風景を手に入れたいと思う。

大和出版印刷さんのステーショナリーブランド神戸派計画の新しい試み、神戸にゆかりのあるクリエーターをデザイナーに採用したKoNCREAT(コンクリート)も手を加えることを許さない作品をステーショナリーに仕立てています。
第1弾は文庫サイズノートで、表表紙、裏表紙全体に描かれている作品が不動の威厳をもって存在している、力強さを感じるノートになっています。
中身は全て5mm方眼罫になっていて、万年筆でも書き味の良い紙をさりげなく使用しているシンプルな仕様です。
それぞれの作品は特徴的で、各クリエーターの持ち味、世界観を発揮したものになっています。

八木保氏は色や視覚だけのデザインではなく、モノに触れて得た感覚を大切にしてきた世界で活躍するアートディレクターです。このノートでもそんな八木氏のリアリティを大切にする方針が表れていて、そこに存在するかのような高精細な写真を使用したものになっています。
青木亨氏のメッセージは力強く、このノートをただのノートとは思わせないものにしています。プライドが言った「無理、不可能」、経験が言った「リスクが高すぎる」、理性が言った「やっても意味がない」、心が小さく囁いた「やってみよう」。
チャレンジする背中を押してくれるメッセージが大きく書かれた、心の支えとなるノートになっています。
写真家丸山貴央氏は、透明な空気の中に力強く存在する花を真正面から捉え、独特な彩色を施した作品になっている、ファッショナブルで、インテリアの一部として机上を彩ることを意識したようなノートに仕上げています。
サトウヒロシ氏は、万年筆インクの柔らかな発色を活かした心癒される花の作品を描いています。
私たちは万年筆で、こんなにも美しい色を使っていたのだと気付かせてくれる、万年筆愛用者としては無視することのできないノートです。

菅原仁氏は、神戸派計画のデザイナーでもありますが、神戸派計画のシンプルで冷静さを追究した製品とは違い、自然から得たインスピレーションをエネルギーに情熱をほとばしらせたものになっています。個人的な内面を表現したものとして、このノートが一番絵画に近いのかもしれません。

どの作品も力のあるメッセージを持ったものになっていて、各クリエーターが力を注いで1冊のノートをデザインしたことが分かります。
手を加えることを拒んでいる完成されたもの。

SkyWindさんの作品とKoNCREATのプロダクツ、どちらもそんな言葉が浮かんできて、一緒に紹介したいと思いました。

⇒SkyWind ポストカード
⇒SkyWind ミツロウブックカバー
⇒KoNCREAT(コンクリート)A6 notebook

ル・ボナー残心シリーズ ~職人を越えた松本氏のモノ作り~

ル・ボナー残心シリーズ ~職人を越えた松本氏のモノ作り~
ル・ボナー残心シリーズ ~職人を越えた松本氏のモノ作り~

久々にル・ボナーの残心シリーズの長財布とカードケースが入荷しました。
前の入荷から5年ほど経過していますが、継続して製作されたことが嬉しく思えましたし、新たな試みとして情熱的に持って取り組まれていたので、ぜひ成功して欲しいと思っていました。
それはすでに、多くのお客様が愛用されているのを日々目ニしていますので明らかだと思います。

革小物のひとつの在り方として強烈な個性を放つ残心は、ル・ボナーの松本さんという人が革職人としてユニークな存在だということを表していると思っています。
松本さんは若い頃からのたたき上げの鞄職人で、キャリアも実績もある人で、その作品は凝った作りの、テクニックを駆使したものになりそうですが、残心はそうはなりませんでした。
量産ということを念頭に置いて、最小限の加工で、いかに高い次元で用途を満たし、そして革の良さを表現できるかを考え抜かれたものになっています。
それは職人というよりも、デザイナーとパタンナーが一緒になったような立場で考えられたものになっていると思います。

革の持つ張りとしなやかさを活かして、最小限にして充分な縫製が施されていることは、今回入荷した札入れとカードケースを見るとよく分かります。
とてもシンプルで、余分なものをここまで削ぎ落した札入れはあまりないと思いますが、これで充分で、こういうものを望んでいた人も多いのではないでしょうか。

一部の鞄を除いて、松本さんはずっと職人集団フラソリティーのバックアップを得て製品を作り続けてきました。
作業を請け負ってくれる職人さんたちがいないと、松本さんと奥様のハミさんの二人ではそれほどの量を作ることはできません。
名作のデブペンケースやパパスショルダーの量産も、フラソリティーの存在なしでは実現しなかった。

久々に残心を作って元気なところを見せてくれている松本さんだけど、本当はなるべく忙しい想いをせず、好きな仕事だけしていて欲しいと思っています。
と思いながらも、正方形のオリジナルダイアリーカバーもお願いしてしまっているけれど。

来年には苦心の末復活させることができた絞りのペンケースも出来上がる予定で、万年筆店の当店としては待望しています。
カンダミサコさんもそうだけど、ル・ボナーさんが作る革製品にはまず無条件に良い革が使われていて、これが手触りを良くしているし、使い込めるという安心感になっています。革の違いで、使っていくうちにかなり違いが出ることは様々な革製品を見てきたので分かってきました。

素材に良い革を使うことができるのはきっと一部の職人さんだけだと思うけれど、それは出来上がったモノのどうしようもない差になってしまいます。
まず良い素材があってそれをいかに生かすかという松本さんが40年以上の職人人生で得たモノ作りの肝がこの残心に込められているような気がしています。

⇒ル・ボナー残心-ZANSHIN-シリーズ

こしらえ~用途で考える素材選び~

こしらえ~用途で考える素材選び~
こしらえ~用途で考える素材選び~

イベント後の入荷で、工房楔製作の当店オリジナル企画であるこしらえがたくさん入荷してきました。
こしらえはパイロットカスタム742、カスタムヘリテイジ912の首軸から先のペン先ユニットを使うことができる銘木製の万年筆ボディで、ネジ、キャップリングなどのパーツがエボナイト、ステンレス、真鍮の3種類のものを用意しています。

木もそれぞれの材で質量の差があるため、重量が違ってきます。
これを材による重量の違いを楽しむことも木を楽しむことだと、ありきたりのことを言ってはつまらない、それぞれのものに使う意義を見出すようにできるのではないかと思っています。
その重量感によって用途を振り分けることができるのかもしれないと思い始めました。
例えば、手紙などある程度太い字幅でゆったり書くような用途には重めのペンで、その重量を活かしながら力を抜いて書くのが合っていると思います。
ペン習字などは軽めのペンで、指先でコントロールして繊細に書き分ける。
手帳などに細かい文字を書くのも軽めのものの方が合っている。

ペン先の柔らかさもボディ重量によって合うものがあるのかもしれません。
ボディが重めの方がペン先の柔らかさが感じられるけれど、柔らかいペン先には軽めのボディの方がコントロールしやすいのではないかと思います。
以上のことを念頭に置いて、現在ラインナップしているこしらえについて考えてみました。
こしらえは、総重量(ペン先、コンバーターを含めた)が40グラム代(重め)、30グラム代(標準)、20グラム代(軽め)の3つのチームに分けることができます。今ホームページにご紹介しているこしらえをグループ分けしてみました。

・重めのグループ(40グラム代)
真鍮金具ブラックウッド(44~47g)、ステンレス金具ブラックウッド(44.5g)、ステンレス金具ローズこぶ杢(42.6g)、ステンレス金具楢(40.9g)、ステンレス金具花梨(40.9g)

・標準のグループ(30グラム代)
真鍮金具チーク(39.8g)、ステンレス金具チーク(39.5g)、真鍮金具キューバマホガニー(37.8g)、真鍮金具ハワイアンコア根杢(36g)、ステンレス金具ハワイアンコア(35.1g)

・軽量のグループ(20グラム代)
エボナイトパーツ花梨紅白(26~28g)、エボナイトパーツホンジュラスローズウッド(28g)、エボナイトパーツキューバマホガニー(27g)、エボナイトパーツハワイアンコア(24g)

パーツの素材によるところも大きいですが、木の素材によってかなり重量は違ってきます。

フォルカン(FA)や、細軟(SF)、中軟(SM)など、かなり柔らかめのペン先は、軽量か、標準のグループで使うと扱いにくさが軽減されて、コントロールしやすくなりますし、中、太、極太、コースなどは重めのグループのものを使うと、より力を抜いてゆったりと書くことができるということになります。
ポスティング(PO)というかなり細くて硬いペン先がありますが、これは例外で、細かい文字を書くという用途を考えると軽量か標準グループのボディが使いやすいと思います。

以上は重量ごとに割り振ったもので、その割り振り方は私の独断と思い込みによるものなので、自由に組み合わせを選んでいただけたらと思いますが、何かの参考になればと思い、考えてみました。

⇒万年筆銘木軸こしらえTopへ

秋の始まりを告げる~工房楔パトリオットボールペン~

秋の始まりを告げる~工房楔パトリオットボールペン~
秋の始まりを告げる~工房楔パトリオットボールペン~

工房楔のイベントが当店の遅い秋の始まりを告げ、夏の空気と入れ替わるような気がしています。
秋の訪れを喜ぶのは当店の創業日が9月23日で、その日が当店にとって元旦のようなもので、フレッシュな気分に切り替わるからです。
それに木と革の商品が多い当店には、秋や冬が似合う気がします。
たくさんの人が来てくださったイベントの後に仕入れた商品をホームページに少しずつアップし始めていて、正方形オリジナルダイアリーの来年度版も出来上がりました。

今年は、筆文葉というシステム手帳リフィルやカンダミサコのバイブルサイズのシステム手帳もあって、ネタは豊富ですが、まずは工房楔のイベントで仕入れた商品をご紹介したいと思います。
コンプロット1(ウーノ)、こしらえなどはこれからホームページに掲載していきますので、申し訳ありませんがもう少しお待ち下さい。新作の0.5㎜ペンシルももうすぐ入荷する予定です。

他のものは既にホームページに掲載しており、定番のパトリオットボールペンも掲載できています。
パトリオットボールペンの中で目を引くのは今年永田氏が仕入れた中でも最も大物だと私が勝手に思っているのは白バラです。
超希少材であるローズウッドこぶ杢の赤味が少ない白いローズウッド。
ローズウッドこぶ杢が超希少材なら、白ばらの希少さはお分かりいただけると思います。
渦を巻くような木目の模様は、エボナイトやセルロイドにも似たような模様があって、ローズウッドこぶ杢がお手本となっているのではないかと思っています。
自然界にある美しい模様を人工物で再現しようとしたのが、セルロイドやエボナイトでした。
最近よく使われるアクリルレジンはセルロイドに代わるものだと考えると、ペンの素材はどんどん自然から離れていくと思うと寂しい気がします。
全ての人工物は自然素材の代用品で、自然のものに勝るものはないと私は思う。
白バラでないローズウッドこぶ杢、ハワイアンコア、ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)などの高級素材が他にもありますし、これから工房楔の銘木の世界に入って行こうと思っておられる方は一万円以下の定番の銘木から揃える始めてもいいのかと思います。

パトリオットボールペンはたくさんある独創的な作品の中でも工房楔のことを知るための入り口であり、木のペンをコレクションするのにちょうどいいものだと言えます。
形が同じボールペンなのに、その素材によってこれほどまでに様々な味わいが違うものかと、工房楔にパトリオットボールペンで感じることができます。

人生に疲れているわけではないけれど、自然に想いを馳せてその土地について考えることは癒しになっている。特に秋はそんなことをよく思います。これらの銘木のペンはそんな作用もあると思っています。

⇒工房楔 パトリオットボールペンTOP