インクについて

インクについて
インクについて

インクが流行っているという。
私の感覚では万年筆ありきで、インクの方に人気が出ているということが理解できませんでしたが、多くの若い人を中心に広がっていることなので、理解できなくてもそれが今世の中で起こっていることとして捉えています。

数年前から若い女性がインクの色見本を見ながらインクを選ぶ光景が当店でも見られるようになり、万年筆の業界としてもとても良いことだと思っていたけれど、台湾、中国、韓国からまで若い女性がインクを買いに来るようになって、本当にブームだと思いました。
ブームで終わらずに定着するだろうかと思っていたけれど、ある中国人の女性がこれはカルチャーなのだと言っていて、もしかしたら定着して、少しずつ形を変えていくものになるかもしれない、と思えるようになりました。

転売するためでなく、自分で使うためとか、コレクションするためのインクを探しに来る人は大歓迎で、色々お話を聞きたいと思っています。
たいていそれぞれインクの色見本帳を作っていて、それを見せてもらうと本当にカルチャーになっているのだと思う。

季節が変わるとインクの色を変えたくなります。
冬は空気膨張の影響で、インクとペンとの相性によってはボタ落ちが起こったり、インク出が多くなることがありますが、夏は気にせずにインクを選べると思います。
自由に好きな色を使ってほしいですが、インクによって多少性質が違うため、用途も考慮した方が快適に使えると思います。
インクは万年筆ほどお国柄がはっきりと出るというものではないけれど、いくつかの種類に分けることができます。
日本のインクはどの万年筆に入れても出が良くて、伸びが良いので書き味が良くなるものが多いようです。紙との相性を気を付けないとにじんだり、裏抜けしたします。
手紙や原稿用紙など裏のないものや、良い紙への筆記に向いています。
日本の紙は良いものが多いのでインクの性質もそれを見越したものになっているのだと思います。

最近新たに発売され始めたインクを私はニューエイジのインクと呼んでいます。
ペリカンエーデルシュタイン、カランダッシュクロマチックインク、ファーバーカステルなどです。
どれも今までの万年筆用インクとは比べ物にならない発色の良さを持っていて、にじみもそれほど多くはありません。流れも伸びも良いので、書き味も良いという、さすがニューエイジのインクです。瓶がとても美しく値段も高いのも特長です。
新しいインクがたくさん発売されてくる中で、私がいつも手に取ってしまうのは、ペリカン・モンブラン・エルバンなどヨーロッパの古くからあるインクであることが多いです。

乾くと紙に沈みますので発色はそれほど強くないのですが、インクと紙が馴染むような自然なインクらしい色合いを持っています。
どの万年筆に入れてもインク出が増えるようなこともなく、どちらかと言うと渋くなる傾向にありますので、手帳書きやインク出の良い万年筆に向いています。
特にブルー系のインクはロングセラーのものがあるのがこのタイプです。

用途によって、使う紙の性質によって、インクを変えると快適に万年筆を使うことができると思います。
ただ純正インク以外を使うことは、自己責任でということになります。
でも私はインクをいろいろ変えて使うことができるのが万年筆の良いところだと思いますし、インクが変わると気分が変わり、その万年筆をまた使いたくなることを経験的に知っていますので、書くことをより楽しむためにたまにはインクを変えることをお勧めしています。

⇒インク一覧

ラミーサファリ2016年限定色ライラック~大人が持つに相応しいカジュアルペン~

ラミーサファリ2016年限定色ライラック~大人が持つに相応しいカジュアルペン~
ラミーサファリ2016年限定色ライラック~大人が持つに相応しいカジュアルペン~

サファリの2016年限定色ライラックが発売されました。
今年の色、仕様は多くの万年筆を愛用している人の心をつかむものなのではないかと、近年発売されてきた限定カラーとは毛色の違うものなのではないかと思っています。
かなり暗めの、濃い紫色のボディは艶消し仕上げになっていて、質感のあるものになっていますので、それだけでも今回の限定色は個性的だと思えますし、クリップ、ペン先などがブラック塗装されているというところも違っています。
そこには大人が持ってもおかしくない落ち着きと華やかさがあるような気がします。

1980年にサファリが新発売された時のテラコッタ、モスグリーンのサファリも艶消し仕上げにブラックパーツになっていましたので、原点回帰的な狙いもあるのかもしれません。
サファリが発売された時、当時発売されていた他の万年筆とあまりにも違っていました。
価格帯や表面的なデザインはもちろん違っていましたが、何かが根本的に違っていた。
その違いは今も変わっておらず、それはモノの有り方としか表現しようがありません。
万年筆は書き味や質感など、高級感、上質さを追究されてきました。それらがより高い次元で実現できているものは良い万年筆、それらが伴っていないものはそれなりと分類される。

その基準で言うとサファリはステンレスのペン先で、ボディも軽いプラスチックなので、上質な書き味や質感を持ち合わせていないということになりますが、だからサファリがダメだと言うのは、名作のプライウッドチェアが銘木でないからダメだと言うようなもので、サファリはそんな万年筆の古くからある価値観の中にはないのだと思います。
個体、点の魅力である万年筆に対して、サファリのそれは面の魅力だと言っても伝わりにくいだろうか。

発売後36年も経ちますが、今も斬新だと思えるデザインの中には万年筆にとって必要な機能が盛り込まれています。
インクを残量が確認できる窓、転がり防止のボディの平面、丈夫なクリップ、正しい持ち方に誘導する三角形のグリップなど、それらは学童用として開発された出自だから備わっている機能なのかもしれないけれど、実際に使うということを考いているからこそ備わっている機能です。

それらの機能を大量生産のための素材プラスチックを使用し、工程が複雑にならないように工夫されて、考え抜かれて設えられている。万年筆というカテゴリーに収まらない工業製品の名作だと言えます。
サファリは万年筆的なアプローチで作られた製品でないからこそ、多くの人に万年筆を使ってもらうことに役立っている志の感じられる万年筆だと言えますし、大人が持つに相応しいカジュアルな万年筆だと思っています。

低価格の万年筆はたくさんあるけれど、サファリほど奥の深いコンセプトや思想を持った万年筆はないのではないかと思っています。

⇒ラミーTOP

細字研ぎ出し万年筆

細字研ぎ出し万年筆
細字研ぎ出し万年筆

万年筆の用途について手帳に使うことが多いと言う方が多いと思います。
多くの仕事はパソコンでの入力で済むことがほとんどになっていて、手書きで書類を書くということは限られた仕事でのみ行われるものになっています。
それを寂しく思ったり、皆手書きをしようと声高に叫んでも時代の流れを止めることはできない。
その時代の流れに合った万年筆の在り方があって、それが数少ない手書きの機会である手帳への筆記だと思います。

私は太字で原稿を書いたり縦書きの便箋に手紙を書いたりすることがよくあるけれど、手帳に書いていることが時間的には一番長いし、頻度も高い。
そうした背景があって、ペリカンM400の極細を国産細字くらいまで細く書けるようにした細字研ぎ出しの万年筆の販売を始めました。

ペリカンの万年筆は極細と言ってもインク出が多くて太い。私の経験ではドイツのペンは世界で一番太いと思っていて、イタリアがそれより細く、日本はさらに細い。
ペリカンなどドイツのペンは極細でも手帳に使うことはできません。(ラミーは使えるかもしれないけれど)
ペン先を細く研ぎ出した場合、ノーマルの極細よりも先端(ペンポイント)が尖りますので、抵抗が増します。
しかし細く研ぎ出した小さな点が紙に当たるペンポイントだからこそ、太いペン先のものよりも当たりが出やすく、使われる方の書き方に馴染むのも早いので、すぐに柔らかい書き味になってくれると思います。
そして当たりが出て柔らかい書き味になってくれるとその書き味は永続してくれます。

最初から手帳に国産細字の万年筆を使えばいいのではないかという言い方もあるけれど、手帳に書くということが趣味だと言う人もいて、私もその一人だけど、だからこそデザインも気に入った万年筆で好きな手帳を書くことを楽しみたい。
そのために当店では太くて手帳に使いにくいペリカンなどの万年筆の細字研ぎ出しを用意しているし、他のペンでも相談して下されば承っています。

持ち込みの万年筆にも細字研ぎ出し加工をさせていただいています。
私が万年筆を使い出した頃よりも細字を希望されるお客様が増えたと体感しているのに、あの頃よりもEFは太くなっていると思っているのは私だけだろうか?
万年筆をお客様方の需要に近付ける、軌道修正のような役割も店は担っていると思っています。

⇒”細字研ぎ出し” 特別調整万年筆 スーベレーン M400

ローラーアンドクライナー ライニガー~万年筆洗浄液~

ローラーアンドクライナー ライニガー~万年筆洗浄液~
ローラーアンドクライナー ライニガー~万年筆洗浄液~

万年筆の故障で最も多いのはインク詰まりなので、インクの出が渋くなった時やインクの色を変える時は、水洗いしてからインクを入れ直して下さい、と万年筆を初めて使うというお客様に申し上げています。

万年筆の洗浄は万年筆を快適に使う上でとても大切なことで、ペン先周辺を洗い過ぎて悪いことは何もないと思っています。
そう言いながらも私はとてもいい加減で、例えばインクをブルーからブラックに変えたいと思った時、水を2,3回吸排水して、中に薄くブルーが残っていてもお構いなしに黒を入れてしまいます。
それで今までトラブルは起こったことがなかったので問題はないのだろうと思っています。
ずっと茶系のインクが好きで、冬枯れの合間を縫って断続的に数々の茶系のインクを使ってきました。
1回使い始めるとそのインクを使い切るまで同じインクをほとんどの万年筆に入れて使います。
手紙などはその日の気分によって色を選ぶのもいいと思いますが、手帳の中はなるべく同じ色で統一していたい。
結局その時使っている細字のペン全てに同じ色のインクを入れることになります。

いい加減な洗浄をして、インクの色を変え続けてきたけれど、今回使いたいと思ったローラーアンドクライナーのセピアは、他の色と混ざると固まる危険性が高いと言われているインク。
普段いい加減な洗浄をしていましたが、さすがに固まるのは嫌だと慎重になっていたところに、ローラーアンドクライナーの万年筆洗浄液「ライニガー」が発売されました。
今までこの手のものは使い方が面倒に思えましたので、使ったことがありませんでしたが、ライニガーの良いところは使い方がとても簡単なところです。
ある程度万年筆内を水を吸排水して洗っておいてから、このライニガーを吸入します。
ボトル内にペン先サイズのポケットがあり、そこに液体が溜まるようになっていますので、吸入もストレスなく行えますし、液体が少なくなって、吸えなくなることはありません。
ライニガーを吸入したら入れたままで5分ほど紙に書きます。
書くことで、インク分が紙に出てきます。
5分ほど書いたら、ライニガーを排出して、水を吸排水して内部をすすいだらできあがり。
タンク内、ペン芯などに残っていたインク分を洗い流してくれます。
インクの固着が激しく、まだインク成分が残留してそうでしたら、これをもう一度繰り返します。
私はこのライニガーが来てから、万年筆を洗浄するときには必ず使うようになり、これがをしないと気持ち悪くなりました。
何度も言いますが、この製品良いところは簡単な使用方法にあります。それを利用して、なるべくマメに使うことをお勧めします。

万年筆内の洗浄はライニガーでできますが、インクが服や手に付いた時に役に立つものがあります。
クリーンシュシュです。
これも優れもので、私は調整などでインクが服に飛ぶことがありますが(それ以上に顔には無数に飛んできます)、クリーンシュシュでほぼ目立たなくなります。
クリーンシュシュは、食べ物のシミにも有効で、ラーメンの汁が飛んでできたシミなどもすぐに消すことができます。
日常的に持ち歩くのにも、クリーンシュシュはお勧めです。

書くことと関係のない、どちらも裏方的なものですが、万年筆を快適に使く上であった方が良いもののご紹介で、万年筆をスマートに使いこなすことにつながるものだと思います。

⇒ローラー&クライナー 万年筆洗浄液ライニガー(reiniger)
⇒クリーンシュ!シュ!ボトルタイプ
⇒クリーンシュ!シュ!携帯用