3本差しペンケースの楽しみ~コンチネンタルペンレスト兼用万年筆ケース再入荷~

3本差しペンケースの楽しみ~コンチネンタルペンレスト兼用万年筆ケース再入荷~
3本差しペンケースの楽しみ~コンチネンタルペンレスト兼用万年筆ケース再入荷~

しばらく品切れしていましたコンチネタルペンレスト兼用万年筆ケースが出来上がりました。
コンチネタルのシリーズに使っているダグラスは、革用のブラシで磨きながら使い込んでいくと、内側から色気のある艶がにじみ出てくる革で、個人的にとても気に入っています。

このペンケースは、持ち歩きの時はフラップを被せてペンの脱落防止・保護の役割を果たしてくれ、机上にあるときはフラップをペンの枕のようにしておくと、ペンの出し入れが簡単にできます。

この機能はひとつの作業の中で、ペンを持ち替えて使う時にとても便利です。
私は書道教室に行っていて教室では毛筆を練習しているのですが、ペン習字の課題が宿題で出るので、それを家で練習しています。
ノートに何度も書いて、きれいに書けるようになったら清書するということをしていますので、けっこう時間がかかります。そんな時はペンを持ち替えて気分を変えながら練習しています。

私の現在のペン習字用万年筆は、オマスパラゴンEF,銘木ボディこしらえにフォルカンペン先、パイロットカスタム72で、この3本をコンチネタルペンレスト兼用万年筆ケースに入れて、使い分けながら書いています。

オマスパラゴンは一番きれいな文字を書くことができる万年筆で、そのさすがの安定感にいつも感心しながら、手応えのある書き味を楽しんでいます。
このパラゴンもそうだし、発売中の限定品アウロラマーレアドリアそうですが、このクラスのイタリアの万年筆の実力はすごいものがあると思います。
ボディとペン先のバランス、デザイン的な存在感など完璧な万年筆だと思っています。

銘木ボディこしらえと極端に柔らかいペン先のフォルカンの組み合わせは、とても繊細なペン先であるにも関わらず、どんな用途にも対応する豪快な印象の万年筆になっていて、これをいつも使いこなしたいと思っています。
筆圧をかけずに書くと細字、筆圧をかけると中字くらいになりますので手帳から手紙までをカバーしてくれるペン先ですが、これを使いこなせるのは余程万年筆を使い慣れた人だと思っています。
はらいなどもきれいに表現できて、ペン習字には最適なペン先がフォルカンです。

カスタム72はかなり以前に廃番になったものですが、現行ではパイロットカスタムヘリテイジ912のポスティングがこれに近いと思います。
かなり硬いペン先で、筆圧による開きが少なく、安定して細い線を書くことができ、揃った整然とした文字を書くことができます。
パイロットは最も一般受けする筆記具を作るメーカーだと思われていますが、国産万年筆メーカー3社の中でペン先に関して一番マニアックな取り組みをしていて、ユニークなペン先を揃えています。

銘木万年筆ボディこしらえをパイロットの中でもペン先バリエーションの多い、カスタムヘリテイジ912/カスタム742に合わせたのもその辺りに理由があります。

私の場合、ペン習字という用途で3本の万年筆を揃えましたが、3本をある用途に合わせ入れたペンケースのセットがいくつかあると、その用事の時に3本まとめて持ち出して使い分けることができて、とても便利で、ペンがある程度増えた人の万年筆の使い分けなのだと思います。

当店は万年筆店なので、万年筆のコートであり、鞄であるペンケースはなるべく揃えたいと思っています。
様々な用途に合うように、色の好みに合うように、季節に合うようにと考えると本当にたくさんのものが必要になるけれど、良いものをなるべく多く揃えて、万年筆を楽しむお役に立ちたいと思っています。

⇒Pen and message.コンチネンタルペンレスト兼用万年筆ケース

大和出版印刷デスクトップオーガナイザー~大人の遊び場に~

大和出版印刷デスクトップオーガナイザー~大人の遊び場に~
大和出版印刷デスクトップオーガナイザー~大人の遊び場に~

その店に合っていなくて売れない商品というものがよくあります。また時代の先に行きすぎて売れないというものもあって、それはとても良い商品なのにもったいないと思うものばかりです。
良いのに売れないというのは不思議な気がしますが、例えば文具店には文房具を期待してお客様方は来られているので、その範疇に入らないものや、今までの文房具とあまりにも価値観が違うものは、とても良い商品でも売れないことがあります。
本当に残念なことだと思うけれど、こういう商品を今までたくさん見てきました。
大和出版印刷さんと工房楔の永田さんが共同で企画したデスクトップオーガナイザーももしかするとそんな商品なのではないかと思うと言うと後ろ向きに聞こえるかもしれないけれど、私はこの商品から夢とロマンを感じています。

ステーショナリーや机上用品というカテゴリーでは収まらない、もしかしたら高級家具屋さんなどの方が売れる商品なのではないかと思っています。
用途から言うと机上を整理するためのもの、机上、ワークスペースを効率的にするための実用的なものですが、大和出版印刷の武部社長と工房楔の永田さんの狙いは違うところにあって、机上で遊ぶための大人のおもちゃなのではないかと、このデスクトップオーガナイザーをいじっていて、思い当たりました。

子供の頃、ユニットやパーツに分かれた基地をいろいろ組み替えてドッキングさせるおもちゃで遊んだことがある男性は多いのではないでしょうか。
ちょっとしたアイデアを込めることができて、いつも新鮮な気持ちで遊ぶことができる。
そんな自分だけの世界にワクワクした時と同じ気持ちが味わえるもので、例えばこのデスクトップオーガナイザーの横に鉄道模型や、プラモデルがあっても全くおかしくない。
大人の遊び道具だと言うと誤解を招くかもしれないけれど、机上での時間にワクワクする私たちにとって、これ以上のステーショナリー基地はないだろうと思います。

立派な遊び道具でもありますが、大人のためのものだから本気で作られている。
これをプラスチックを使い、簡単な作りだと何の意味もなく、面白くも何ともないと思います。
素材であるウォールナットは全て刳り貫かれているにも関わらず、薄く上品に仕上げられていて、緊張感さえ感じます。
ベースに各パーツがキッチリと収まり、配置を自由に変えることができ、どこに何をレイアウトするか、どこに何を収納するかを考えるのは、子供の頃ドッキングさせるおもちゃで遊んだ気持ちと変わらないのではないかと思います。

大人が机上で遊ぶためのもの、それがデスクトップオーガナイザーです。

⇒大和出版印刷(株)デスクトップオーガナイザー/フルセット
⇒大和出版印刷(株)デスクトップオーガナイザー/ハーフセット

ペリカン ノック式ペンシル

ペリカン ノック式ペンシル
ペリカン ノック式ペンシル

創業時から当店は万年筆を主に扱う店としてやってきました。
それは万年筆を特別なものとして、万年筆を使う人を増やすということをライフワークとしていたことだけでなく、ペン先調整ができる強みを最大限に生かしたいと思っていたからです。

しかし私自身もそうですが、万年筆以外のボールペンやシャープペンシルでもそれぞれの書く楽しみはあって、万年筆だけを使うということはまず考えにくいし、きっとそんな人はいないと思います。
万年筆店の当店として、日常的に使うことができるボールペンやシャープペンシルもご紹介したいと思っていました。

万年筆と対になるボールペンやシャープペンシルは、回転させることによって芯を出すものが多いです。
しかし、特にシャープペンシルは私たちが子供の頃から使ってきたということが理由なのかもしれませんが、ノック式の方が使いやすく感じます。
そしてこれもまた子供の頃からの慣れなのかもしれないけれど、芯の太さは0.5㎜の方が使いやすく感じることもあります。

そのように考えると、お勧めできるものは海外のメーカーの主なところではラミー2000のシャープペンシルだけになってしまいました。
しかし、ペリカンD400シャープペンシルもその範疇に入れることができるようになっています。

D400シャープペンシルは万年筆のM400と対になるポケットに差して持ち歩きやすい、あまり大きくないボディで、小さなペリカンマークのついたかわいらしく趣きのあるノックバーをノックすることで、芯を出すことができるノック式のシャープペンシルです。
今まで0.7㎜芯仕様しかありませんでしたが、内部機構をそっくり入れ替えることで、0.5㎜もご用意することができるようになりました。

これでノック式で0.5㎜芯という今まで私たちが使い慣れてきたシャープペンシルをペリカンでもお選びいただけるようになりましたが、シャープペンシルの書き味や使用感において、使うことができる芯の選択肢は0.5㎜が圧倒的に多く、様々なものから選ぶことができるメリットも生まれました。
シャープペンシルの場合、書いているうちに芯が減って行くので、ノックする回数は多く、ノック式の方がやはり使いやすい。

そしてこの芯をチクチクとノックする動作も何か素朴な趣があって、私にとっては書くということの原体験を思い出させてくれるものです。
クラシックな魅力のあるペリカンだからこそ、ノックして芯を出すという機構がよく似合っていると思います。

⇒Pelikan K400ボールペン・D400シャープペンシル(0.5mm/0.7mm)

工房楔の遊び心

工房楔の遊び心
工房楔の遊び心

工房楔のイベントが終わって、しばらく経ちます。
いつも何かニュースを用意してくる永田さんの探求心と創造性に感心しています。
イベント後に仕入れたたくさんの商品を見ながら、触りながら、お客様とゆっくりその魅力を味わっています。
永田さんの木製品を大きく2つに分類すると、工房楔を始めた時から追究している杢を表現するものと、独自のアイデアを込めた遊び心のあるオリジナリティのあるものとに分けられると思っています。
杢を表現するものとしては、パトリオットボールペン、当店とのオリジナル企画である万年筆用ボディこしらえ、万年筆ケースコンプロットなどが挙げられます。
それらのものは工房楔の永田さんにとってステーショナリーの形をした、杢を表現するためのキャンバスであると私は思っています。
杢の美しさ、面白さを手軽に知ってもらうために、永田さんはペンを銘木で作ることを始めて、それは今でも工房楔の代表的なものになっています。

もうひとつ遊び心のあるステーショナリーは、永田さんの発想力とそれを実現する行動力によって生み出されています。
それはカッターナイフであり、鉛筆を長いままで使うことができるペンシルエクステンダー、トゥラフォーロ、トンボノック消しゴムのカスタム軸で、今回新たに2㎜芯ホルダーと三菱3機能ジェットストリーム用銘木グリップが加わりました。
銘木グリップは、普段の仕事でも使う機会の多いプラスチックの3機能ペン(3色ボールペンまたは2色ボールペン+シャープペンシル)に装着できるものです。
この楽しさは使ってみるとすぐに分かり、普通のボールペンを全く違うものにしてくれます。
アルミ削り出しのパーツのしっかりとした質感と木の手触りが感じられて、これほどまでの変わるものかと不思議な気持ちになりますが、侮れない小品だと思います。

2㎜芯ホルダーは、遊び心という言葉だけでは片付けられない本格的な作り込みを感じます。
ステンレス削り出しパーツはノックバーまでにも及び、普及品の芯ホルダーと変わらない形のクリップまでも流用ではなくオリジナルパーツにしています。
ストレートな端正な姿、2パーツに分かれた木部は同じ材から取って木目を合わせてあり、相当なこだわりが貫かれています。
機構は最もシンプルでスタンダードなドロップ式になっていて、芯の出方を好みの長さにすることができます。
ドロップ式の特長は他にあり、芯詰まりがしにくい点で故障の起こりにくい最も信頼できる機構だと思います。
しかし、そんな実用的なメリットよりも、しっかりと作り込まれたこだわりを追究した2㎜芯ホルダーは永田氏の本気の遊び心が込められています。

カンダミサコさんの特別仕様ペンシース

カンダミサコさんの特別仕様ペンシース
カンダミサコさんの特別仕様ペンシース

ペリカン600ピンクは、万年筆もボールペンもあっと言う間に売り切れてしまいました。
久々に出た、女性をターゲットにした万年筆の出現に各店は大いに期待しましたが、数が少なすぎました。
ペリカンはたまに女性に向けたペンを発売していて、それはどれも成功しているように思います。
きっとこういうことの積み重ねが万年筆を使う女性のお客様を増やすことにつながっていくのだと思います。
一昨年辺りから当店にも、それまで珍しかった女性のお客様が目立つようになっています。
一概に言うのはあまり良くないけれど、女性は男性のようにモノから入らず、結果や行動から万年筆に入ってくる傾向にあると思っています。
日記を楽しく書きたいから万年筆を使うとか、手紙を書きたいからインクに凝るとか、多くの女性は自分の価値観で、自分好みのものを見つけて楽しむことができる。
それに対して男は、人の影響を受けているようなところがあります。
自分の価値観よりも人の意見に左右される。そして自分がそれで何をするかよりも、そのモノに惹かれて、手に入れてからどうしようかと考える。
私もカメラというモノに惹かれて、まず手に入れてから、自分のライフスタイルの中でのカメラの居場所が見つかった。
そんなふうに言うと一緒にするな、と怒られるかもしれないけれど。

これから万年筆をもっと多くの方に使ってもらえるものにしたり、華やかなものにするためには、女性と若い人、子供たちにいかに使ってもらえるかだと思っていて、万年筆店としてまず女性のお客様に来ていただける店になるにはどうしたらいいかとよく考えます。
そう考えるところまで当店を連れてきてくれたのは、カンダミサコさんのペンシースだったのかもしれません。
革1枚を丸めただけのシンプルな形ですが、コロンとしていて、素材となるシュランケンカーフのカラーバリエーションと相まって、早い段階から女性のお客様に人気がありました。

ペリカン600ピンクが発表になった時に写真をカンダさんに見てもらって、1本差しと2本差しのペンシースをこれに合わせて作って欲しいとお願いしました。
2本差しペンシースもシンプルな形で、ペンの出し入れがしやすく、例えば仕事で必要な万年筆とボールペンを組み合わせて使う時などにスマートに使うことができるものだと思っています。
ペリカンピンクはすぐになくなってしまい、女性の万年筆ユーザーを増やすことにつなげることはできなかったけれど、カンダミサコさんのピンクのペンシースのシリーズがその代わりになるかもしれないと思っています。

1本差しはシュランケンカーフエッグシェルにピンクのステッチ、2本差しはエッグシェルの表革にピンクのシュランケンカーフの内革にして、派手派手しくなく大人の女性向けの配色になっています。
当店から女性のお客様にもっと万年筆を楽しんでいただくための働きかけのひとつになったと、大いに気に入っています。

⇒カンダミサコ スーベレーンピンク用2本差しペンシース
⇒カンダミサコ スーベレーンピンク用1本差しペンシース