素材を愛でる

素材を愛でる
素材を愛でる

木の道具は使えば使うほど、その機能を損なわずに馴染んだ風合いに変化してくれる唯一のものかもしれません。
そしてそれが、木の宝石とも言える杢の美しい銘木を素材として作られたものなら、そのエージングはさらに美しいものになっていき、持つ喜びをさらに強いものにしてくれるのではないかと思っています。

工房楔の当店のイベントで、その作品の数々を手にしたり、見入っておられるお客様方の姿を見ていて、楔の永田さんの手によって作り出される素材感を生かした木製品の価値を改めて認識しました。

木の宝石は、本当の宝石がそうであるようにいくつあっても違うものを手に入れたいと思います。
むしろたくさん集めれば集めるほど欲しくなる傾向は強くなるようです。
使えば使うほど、磨けば磨くほど美しい光沢を持ち、木目が際立ってくる。
この楽しさについては女性には理解されにくい傾向があります。(もちろん中にはそれを理解し木に惹かれている女性もおられますが)

黒柿の製品は数万本に1本と言われている幹の中心が黒い柿の木の中でも孔雀の羽のような美しい杢、孔雀杢が使われています。
茶道具などに古くから使われていることからも分かるように、希少性、美しさ、素材としての確かさなど、木製品を作るのに申し分のない素材です。
磨くほどに木目が際立ってきて、どんどん美しく変化していきます。

花梨は永田さんが最も多くの製品に使う素材です。
花梨は玉杢と言われる目玉のような模様が細かくたくさん出ているものが杢の良いものとされています。
一面にびっしりと玉杢が出ているものを永田さんは超極上として他のものと差別化していますし、稀に出る白い部分をバランスよく木取りして紅白とすることもあります。
花梨は産地や木の個体によって色が違うことがあります。
今回のイベントでも、少し黒めのビルマ産の花梨に人気が集まっていました。
玉杢でなく、立体にも見える帯状の杢の入ったリボン杢は大変希少ですが、コンプロット10とコンプロット4ミニで少量出来上がりました。
花梨は、磨くとゆっくりと木目に奥行きができて、柔らかな印象の模様に変わっていきます。

ウォールナットは私が最も好きな素材です。
あまり派手な杢は現れず、平凡で地味な印象ですが、家具などに使われることが多いことでも分かるように、安定した木目を持ち、狂いもすくない素材です。
それでも永田さんは、波紋状の杢が出たものやバーズアイという小さな玉杢の出たものを使うこともあります。
使い込んだ木目の変化は少ないですが、艶が出て、ピカピカに変わっていくのは他の素材と同じです。

イベントの目玉として、永田さんが選んだ素材がローズウッドとハカランダです。
ローズウッドは、ウォールナット同様木目が比較的均一で色目も暗いため、個体さを見つけにくいですが、1年ほどきれいに磨きながら使いこんだローズウッドの色艶は本当に美しいと思いました。
今回のローズウッドは美しい濃い紫色をしていて、艶も申し分のないものでした。
ハカランダはブラジリアンローズウッドのことで、現在では絶滅危惧種になり輸入が禁止されています。
今回の素材は30年ほど前のものですが、その色が独特で、手触りが良くツルツルとしたものでした。
ハカランダは最高級のギターの素材として多用され、伝説の素材となっています。
他にもまだまだたくさんの木の種類はありますが、だからこそ本当に木は面白い。
ご自分が最も好きな素材を探して、それをステーショナリーとして持ってみませんか?

*今回のイベントで入荷した商品は順次ご紹介させていただきます

ライフ紙製品 見習うべき姿勢

ライフ紙製品 見習うべき姿勢
ライフ紙製品 見習うべき姿勢

ライフの大阪本町で開催された展示会にお邪魔してきました。

朝9時からの展示会というのは珍しく、展示会を見せていただいてから、職場のスケジュールを乱さずに戻れるのはとても有難いことだと思いました。

ライフの展示会はものすごく久しぶりで、7,8年前に来て以来でした。
駒村氏と会場に入ると、私たちが一番乗りで皆様全員で説明してくれるという贅沢な状況。
早く新製品を見たいと思いながらもライフという非常に渋い商品を作り続けて、日本の文具業界の安売り競争の歯止めになっているメーカーの歴史的な資料を見せていただくことができました。

ライフの面白いところは自社の過去の製品や印刷物のデザインを現在の製品に使ったりするところで、それらはレトロなとても良い味を出しています。
社内に専門のデザイナーを置かず、営業マンが集めた情報を吸い上げて商品化する。
他社がどういったものを作っているか、世のトレンドがどういうものかに惑わされず、自社に何が求められているか、自社はどういうものを作るべきか。
価格競争を避けて商品力を追求してきたライフの営業方針に、日本の企業の在り方のお手本を見ます。

商品において低価格というのは強い破壊力を持ちます。
しかし、それは麻薬のようなところがあって、その競争に入ってしまい、安さを追求し出すと安くし続けないと動きが止まってしまうことがあります。

また価格追求しかできなくなる、思考停止状態を社内にもたらしてしまいます。
それよりも社内の知恵を集めて、他社にないものを少量でも作り、その工夫と価格の高さを理解してくださる人に買ってもらうというのが、ライフの営業方針です。

文具業界の人ならライフの商品に渋さを感じると思います。
派手さはないけれど、しっかりとした表紙と製本の本麻ノート。
万年筆での書き味の良さが秀逸で、活版印刷の罫線が良い味を出している詩穂箋の便箋。
少し大きめで書くのにちょうど良いサイズのノーブルメモ・・等など。
派手さや目新しさはないけれど、本質のしっかりとした、使ってみてその良さが分かるものばかりです。

それらの地味だけどしっかりと作られた紙製品はそのままに、今回の展示会ではユニークなアイデアを具現化したノートなどもあり、ライフの今後が大いに楽しみになりました。

展示会で私たちに商品について説明して下さったライフの社員の方々は、ご自分たちの仕事を楽しみながら、思いっきりやりたいことをしている。
そんな理想的な、物作りの会社のあり方を見たような気がしました。

他にはない目の付け所が良い商品を世に送り出しているライフの商品を、次回からご紹介していきます。

黒インク

黒インク
黒インク

書道の文字は黒だから日本の文字は黒であるべきで、万年筆のインクも黒を使いたいという黒インクのマイブームは時折訪れます。

日本の文化や日本人とは、と考えた時に、自分は西洋の習慣である青い色で文字を書いていていいのだろうかと思ったりすることがあって、そういう時に黒インクを使いたくなってきます。

最近はペン習字教室で黒インクを使っていて、最も美しい文字を書きたいと思っている状況で使うインクなので、どうしても厳しい目で見てしまいます。
今は行書を習っているのでカチッとした楷書と違って、勢いのある所、ゆっくり書くところなど、線の強弱をつけたい。だから色は黒過ぎず濃淡が出るもの。むしろ薄くていい。

長時間キャップを開けて書いているし、書き味を考えるとインク出は渋くなくて、サラサラ出るものが良い。でも紙にはにじんで欲しくない。

以上の条件を兼ね備えたインクは非常に難しく、特にサラサラ出るインクはたいてい紙ににじみやすい。
いろいろ調べた結果、これはあくまでも私の好みですが、パーカーのブラックが私にとってベストのインクだと今のところは思っています。

当店オリジナルインク冬枯れもとても良く、堀谷先生は冬枯れを愛用して下さっていますが、私がよく使うアウロラやプラチナとの相性を考えるとパーカーの方がサラサラと出てくるような気がします。

同じように日本字にこだわり、万年筆でもとても勢いのある行書でお手紙を下さることがある狂言師の安東伸元先生はいつも墨をイメージされているのか、真っ黒に書けるインクを好まれます。

デュポン、シェーファーなども黒いですが、万年筆用インクで真っ黒性能が高いのはセーラーなのではないかと思っていますので、今度安東先生にお勧めしてみるつもりです。
アウロラもネットリとした性質の黒が際立つインクで、この辺りを好まれる方も多いようです。

黒インクでも本当に様々あり、単純に薄い・濃いだけでなく、赤みがかったもの、青みがかったもの、というふうに分けられます。
前者の代表はモンブラン、モンテグラッパ、後者はパーカー、ヤードレット、デルタなどです。

書道の墨も本当にいろんな色があって、奥の深さに驚嘆しますが、万年筆のインクも各メーカーによって様々で選択に迷うところだと思います。

素材の厚さ ~工房楔 クローズドエンド万年筆~

素材の厚さ ~工房楔 クローズドエンド万年筆~
素材の厚さ ~工房楔 クローズドエンド万年筆~

使われている素材が厚いことは良いもののひとつの要件だと思っています。

素材を厚くすることによって何かしらの良いことが作用して、大きな魅力になっているというモノを今までいくつも見てきました。
それはもしかしたら都会的なスマートさという洗練と対極にあるものかもしれません。
しかしその計算のない愚直とも言える無骨さがとても魅力的に感じられるのです。

ぶ厚いペン先の万年筆はペン先は硬いけれど、薄いペン先のものと比べるとそのフィーリングには雲泥の差がありますし、ブッテーロの革を厚いまま使ったル・ボナーの天ファスナーブリーフケースは重いけれど、型崩れしない丈夫さと革本来の手触りを楽しめます。

そんな、素材を厚いまま使って、それが魅力になっているもののひとつに工房楔のクローズドエンド万年筆があります。

筆記具をたくさん手掛けている工房楔のペンの中でも、価格的にもその存在感でも頂点に君臨する万年筆です。
これだけ良材のさらに良い部位だけを使ったものは大量生産では絶対に作ることができませんので、万年筆の中においても特別なものだと思っています。

工房楔の永田篤史氏が自分が木に魅せられるきっかけとなった「杢」を見せるための理想的な素材として万年筆を選び、その杢を美しい姿のまま万年筆にすることができる形として永田氏が追求して完成させたのが、クローズドエンド万年筆です。

銘木を塊からくり抜いて10本の万年筆を収納できるケースにしたコンプロット10はその実用性も広く認められていますが、コンプロット10の一番の魅力は杢を最も美しく見せる刳り抜き加工にあります。

素材を厚いまま残すことによって、杢はただの模様ではなく、その重みや感触を伴ったものになっています。

クローズドエンド万年筆もコンプロット10と同様に刳り抜いて素材を厚く残すことによって、杢をその感触を伴った万年筆としています。

数多くある量産メーカーでは量産であるがゆえに、このクローズドエンドのような素材感をむき出しにした万年筆は絶対に作れないでしょうし、木を見抜く審美眼と杢をきれいに正確に出す腕を持たないとこれだけの万年筆は作り得ず、工房楔の永田氏という目と腕を持った存在だからこそ作り出せたものだと思っています。

クローズドエンド万年筆の最大の特長であるボディについてのみ述べてしまいましたが、金具はオリジナルのものを金属加工の専門家とともに開発していますし、ペン先、ペン芯などの書くメカニズムは筆記具の部品作りにおいて名門とも言えるシュミット社製の柔らかい書き味の18金ペン先を採用しています。
付け加えるならばより書き易くなるよう当店で調整していますので、書くことも楽しんでいただけるものになっています。

⇒工房楔万年筆・机上用品トップへ

渋い万年筆 パイロット変わり塗り石目

渋い万年筆 パイロット変わり塗り石目
渋い万年筆 パイロット変わり塗り石目

古くはセリカのエンジンを小さなカローラに積んだレビン。見た目は普通のゴルフなのに3200ccの怪力エンジンを積んだR32、ベンツでも以前あったかな・・・。例えが車ばかりで恐縮です。

こういったものを羊の皮を被った狼と言ったりしますが、私たちが羊の皮を被った狼に惹かれる理由は、いかにも!といった外観ではない玄人好みの渋さを感じるからなのではないかと思っています。
見た感じはあえて個性を抑えた何の変哲もない大人しいものにして、その性能に関わる部分を強化して見た目と性能にギャップを持たせる。
パイロットの5万円クラスには、なかなか渋いと思える万年筆があります。

オールドスタイルの銀のボディに大きなペン先を貼り付けた、書き味の良いシルバーンはキャップの尻軸への入りも深くバランスも良い。
カスタム845はエボナイトの軸に漆塗りが施されていて、一見プラスチックのようにだけど握り心地がとても良く、大型のペン先は豊穣な書き味を持っている。
新しく発売されたパイロット変わり塗り石目もそんな渋いと言える万年筆です。

変わり塗りという名前から、この万年筆の特長はボディの塗りのように思ってしまいますが、この万年筆の注目すべき点はベースとなっている本体そのものだと思っています。

パイロットのここ10年以内の創立記念モデル85周年飛天、88周年仁王、90周年朱鷺は真鍮のボディに蒔絵技法を施したものになっています。
あまり大きくはないカスタムヘリテイジ91相当のサイズの金属のボディ、10号の18金ペン先を装着した創立記念の限定万年筆は、そのボディの美しさもさることながら、書き心地などの実用性に対しての評価も高く、一部のマニアックなお客様からは蒔絵技法が施されていない実用本位の創立記念万年筆を望む声もありました。

しかし、それは創立記念モデル専用のボディでそれを定番化することはもったいないのではないかと思っていました。
それが本当に実現したことに私は驚きましたが、歓迎すべきことでまた魅力的な定番万年筆が増えたことを喜んでいます。

パイロットの18金ペン先はバネのように弾力が強く、筆圧が強い人にも相性が良いと思いますし、寄りを弱く調整することで柔らかい書き味にすることもできます。
パイロットの今までの定番品とは違い、37gという持ち応えのある重量、弾力に富む18金のペン先など。
変哲のないデザインで、少しずつ仕様を変えて、玄人受けする万年筆に仕立てる。
パイロット変わり塗り石目をとても渋い万年筆で、国産の万年筆メーカーのひとつの提案だと思っています。

パイロットは変わり塗り石目の発売と同じくして、ボトルインク色彩雫シリーズに新色を4色追加しています。(紫式部・秋桜・稲穂・竹林)

⇒パイロット蒔絵万年筆変わり塗り「石目」
⇒パイロットボトルインク色彩雫新色追加